Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  INFORMATION_SCHEMA テーブル  /  INFORMATION_SCHEMA TRIGGERS テーブル

21.26 INFORMATION_SCHEMA TRIGGERS テーブル

TRIGGERS テーブルはトリガーに関する情報を提供します。自身が TRIGGER 権限を保有しているデータベースとテーブルの情報だけを表示できます。

INFORMATION_SCHEMA SHOW 備考
TRIGGER_CATALOG   def
TRIGGER_SCHEMA    
TRIGGER_NAME Trigger  
EVENT_MANIPULATION Event  
EVENT_OBJECT_CATALOG   def
EVENT_OBJECT_SCHEMA    
EVENT_OBJECT_TABLE Table  
ACTION_ORDER   0
ACTION_CONDITION   NULL
ACTION_STATEMENT Statement  
ACTION_ORIENTATION   ROW
ACTION_TIMING Timing  
ACTION_REFERENCE_OLD_TABLE   NULL
ACTION_REFERENCE_NEW_TABLE   NULL
ACTION_REFERENCE_OLD_ROW   OLD
ACTION_REFERENCE_NEW_ROW   NEW
CREATED Created  
SQL_MODE sql_mode MySQL 拡張
DEFINER Definer MySQL 拡張
CHARACTER_SET_CLIENT character_set_client MySQL 拡張
COLLATION_CONNECTION collation_connection MySQL 拡張
DATABASE_COLLATION Database Collation MySQL 拡張

:

  • SHOWカラム内の名前は、SHOW CREATE TRIGGER ではなく SHOW TRIGGERS ステートメントを示します。セクション13.7.5.39「SHOW TRIGGERS 構文」を参照してください。

  • TRIGGER_SCHEMA および TRIGGER_NAME: それぞれ、トリガーが実行されるデータベースの名前とトリガー名です。

  • EVENT_MANIPULATION: トリガーイベントです。これは、トリガーが有効になる、関連付けられたテーブルに対する操作の種類です。値は、'INSERT' (行が挿入された場合)、'DELETE' (行が削除された場合)、または 'UPDATE' (行が変更された場合) です。

  • EVENT_OBJECT_SCHEMA および EVENT_OBJECT_TABLE: セクション20.3「トリガーの使用」に記したように、すべてのトリガーは厳密に 1 つのテーブルに関連付けられます。これらのカラムには、このテーブルが存在するデータベースと、テーブル名がそれぞれ示されます。

  • ACTION_ORDER: 同じテーブルで類似したトリガーのリスト内の、トリガーアクションの順序位置です。現在、この値は常に 0 です。これは、同じテーブルで同じ EVENT_MANIPULATION および ACTION_TIMING のトリガーを複数持つことはできないためです。

  • ACTION_STATEMENT: トリガー本体です。つまり、トリガーの有効時に実行されるステートメントです。このテキストは UTF-8 エンコーディングを使用します。

  • ACTION_ORIENTATION: 常に 'ROW' の値を含みます。

  • ACTION_TIMING: トリガーが有効になるのが、トリガーイベントの前かあとかを指定します。値は 'BEFORE' または 'AFTER' です。

  • ACTION_REFERENCE_OLD_ROW および ACTION_REFERENCE_NEW_ROW: それぞれ古いカラム識別子と新しいカラム識別子です。このことは、ACTION_REFERENCE_OLD_ROW が常に 'OLD' の値を含み、ACTION_REFERENCE_NEW_ROW が常に 'NEW' の値を含むことを意味します。

  • SQL_MODE: トリガーが作成されたときに有効であり、トリガーを実行するときの SQL モードです。指定可能な値については、セクション5.1.7「サーバー SQL モード」を参照してください。

  • DEFINER: 'user_name'@'host_name' 形式で示した、トリガーを作成したユーザーのアカウントです。

  • CHARACTER_SET_CLIENT: トリガーが作成されたときの character_set_client システム変数のセッション値です。

  • COLLATION_CONNECTION: トリガーが作成されたときの collation_connection システム変数のセッション値です。

  • DATABASE_COLLATION: トリガーが関連付けられているデータベースの照合順序です。

  • ACTION_CONDITIONACTION_REFERENCE_OLD_TABLEACTION_REFERENCE_NEW_TABLE、および CREATED のカラムには現在、NULL が常に含まれます。

セクション20.3「トリガーの使用」で定義された ins_sum トリガーを使用した例です。

mysql> SELECT * FROM INFORMATION_SCHEMA.TRIGGERS
    -> WHERE TRIGGER_SCHEMA='test' AND TRIGGER_NAME='ins_sum'\G
*************************** 1. row ***************************
           TRIGGER_CATALOG: def
            TRIGGER_SCHEMA: test
              TRIGGER_NAME: ins_sum
        EVENT_MANIPULATION: INSERT
      EVENT_OBJECT_CATALOG: def
       EVENT_OBJECT_SCHEMA: test
        EVENT_OBJECT_TABLE: account
              ACTION_ORDER: 0
          ACTION_CONDITION: NULL
          ACTION_STATEMENT: SET @sum = @sum + NEW.amount
        ACTION_ORIENTATION: ROW
             ACTION_TIMING: BEFORE
ACTION_REFERENCE_OLD_TABLE: NULL
ACTION_REFERENCE_NEW_TABLE: NULL
  ACTION_REFERENCE_OLD_ROW: OLD
  ACTION_REFERENCE_NEW_ROW: NEW
                   CREATED: NULL
                  SQL_MODE: NO_ENGINE_SUBSTITUTION
                   DEFINER: me@localhost
      CHARACTER_SET_CLIENT: utf8
      COLLATION_CONNECTION: utf8_general_ci
        DATABASE_COLLATION: latin1_swedish_ci

User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.