Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


22.9.9.8 ソケットサマリーテーブル

これらのソケットサマリーテーブルは、ソケット操作のタイマーおよびバイトカウント情報を集計します。

  • socket_summary_by_instance: ソケットインスタンスごとに、すべてのソケット I/O 操作の wait/io/socket/* インストゥルメントによって生成されたタイマーおよびバイトカウント統計を集計します。接続が終了すると、socket_summary_by_instance 内のそれに対応する行が削除されます。

  • socket_summary_by_event_name: ソケットインストゥルメントごとに、すべてのソケット I/O 操作の wait/io/socket/* インストゥルメントによって生成されたタイマーおよびバイトカウント統計を集計します。

ソケットサマリーテーブルは、ソケットがクライアントからの次のリクエストを待っている間に、idle イベントによって生成される待機は集計しません。idle イベントアグリゲーションには、待機イベントサマリーテーブルを使用します。セクション22.9.9.1「イベント待機サマリーテーブル」を参照してください。

各ソケットサマリーテーブルには、テーブルのイベントの集計方法を示す 1 つまたは複数のグループ化カラムがあります。イベント名は、setup_instruments テーブル内のイベントインストゥルメントの名前を表します。

  • socket_summary_by_instance には OBJECT_INSTANCE_BEGIN カラムがあります。各行は特定のオブジェクトのイベントを要約します。

  • socket_summary_by_event_name には EVENT_NAME カラムがあります。各行は特定のイベント名のイベントを要約します。

すべてのソケットサマリーテーブルには、集計された値を格納するこれらのサマリーカラムがあります。

  • COUNT_STARSUM_TIMER_WAITMIN_TIMER_WAITAVG_TIMER_WAITMAX_TIMER_WAIT

    これらのカラムはすべての操作を集計します。

  • COUNT_READSUM_TIMER_READMIN_TIMER_READAVG_TIMER_READMAX_TIMER_READSUM_NUMBER_OF_BYTES_READ

    これらのカラムはすべての受信操作 (RECVRECVFROM、および RECVMSG) を集計します。

  • COUNT_WRITESUM_TIMER_WRITEMIN_TIMER_WRITEAVG_TIMER_WRITEMAX_TIMER_WRITESUM_NUMBER_OF_BYTES_WRITE

    これらのカラムはすべての送信操作 (SENDSENDTO、および SENDMSG) を集計します。

  • COUNT_MISCSUM_TIMER_MISCMIN_TIMER_MISCAVG_TIMER_MISCMAX_TIMER_MISC

    これらのカラムは CONNECTLISTENACCEPTCLOSE、および SHUTDOWN などのほかのすべてのソケット操作を集計します。これらの操作のバイトカウントはありません。

socket_summary_by_instance テーブルには、ソケットのクラス (client_connectionserver_tcpip_socketserver_unix_socket) を示す EVENT_NAME カラムもあります。このカラムは、たとえば、クライアントアクティビティーをサーバー待機ソケットのそれから分離するために、グループ化できます。

これらのテーブルは MySQL 5.6.3 で追加されました。

TRUNCATE TABLE はソケットサマリーテーブルに使用できます。events_statements_summary_by_digest を除き、tt は行を削除するのではなく、サマリーカラムを 0 にリセットします。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.