Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


22.9.2.3 setup_instruments テーブル

setup_instruments テーブルは、イベントを収集できるインストゥルメントされたオブジェクトのクラスを一覧表示します。

mysql> SELECT * FROM setup_instruments;
+------------------------------------------------------------+---------+-------+
| NAME                                                       | ENABLED | TIMED |
+------------------------------------------------------------+---------+-------+
...
| wait/synch/mutex/sql/LOCK_global_read_lock                 | YES     | YES   |
| wait/synch/mutex/sql/LOCK_global_system_variables          | YES     | YES   |
| wait/synch/mutex/sql/LOCK_lock_db                          | YES     | YES   |
| wait/synch/mutex/sql/LOCK_manager                          | YES     | YES   |
...
| wait/synch/rwlock/sql/LOCK_grant                           | YES     | YES   |
| wait/synch/rwlock/sql/LOGGER::LOCK_logger                  | YES     | YES   |
| wait/synch/rwlock/sql/LOCK_sys_init_connect                | YES     | YES   |
| wait/synch/rwlock/sql/LOCK_sys_init_slave                  | YES     | YES   |
...
| wait/io/file/sql/binlog                                    | YES     | YES   |
| wait/io/file/sql/binlog_index                              | YES     | YES   |
| wait/io/file/sql/casetest                                  | YES     | YES   |
| wait/io/file/sql/dbopt                                     | YES     | YES   |
...

ソースコードに追加された各インストゥルメントは、インストゥルメントされたコードが実行されない場合でもこのテーブルの行を提供します。インストゥルメントが有効にされており、実行されると、*_instances テーブルに表示されるインストゥルメントされたインスタンスが作成されます。

setup_instruments テーブルへの変更はただちにモニタリングに影響します。

イベントフィルタリングにおける setup_instruments テーブルの役割の詳細については、セクション22.2.3.3「イベントの事前フィルタリング」を参照してください。

setup_instruments テーブルにはこれらのカラムがあります。

  • NAME

    インストゥルメント名。セクション22.4「パフォーマンススキーマインストゥルメント命名規則」に説明するように、インストゥルメント名には複数の部分があり、階層を形成することがあります。インストゥルメントの実行から生成されるイベントには、インストゥルメント NAME 値から取得される EVENT_NAME 値があります。(イベントには実際には名前がありませんが、これによって、イベントをインストゥルメントに関連付ける方法を提供します。)

  • ENABLED

    インストゥルメントが有効にされているかどうか。このカラムは変更できます。無効にされたインストゥルメントはイベントを生成しません。

  • TIMED

    インストゥルメントの時間が測定されるかどうか。このカラムは変更できます。

    有効にされたインストゥルメントの時間が測定されない場合、インストゥルメントコードは有効ですが、タイマーは有効ではありません。インストゥルメントによって生成されたイベントの TIMER_STARTTIMER_END、および TIMER_WAIT タイマー値が NULL になります。これによって、サマリーテーブルの合計、最小、最大、および平均の時間値の計算時に、それらの値が無視されます。