Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


22.9.2.2 setup_consumers テーブル

setup_consumers テーブルは、イベント情報を格納でき、有効にされているコンシューマの種類を一覧表示します。

mysql> SELECT * FROM setup_consumers;
+--------------------------------+---------+
| NAME                           | ENABLED |
+--------------------------------+---------+
| events_stages_current          | NO      |
| events_stages_history          | NO      |
| events_stages_history_long     | NO      |
| events_statements_current      | YES     |
| events_statements_history      | NO      |
| events_statements_history_long | NO      |
| events_waits_current           | NO      |
| events_waits_history           | NO      |
| events_waits_history_long      | NO      |
| global_instrumentation         | YES     |
| thread_instrumentation         | YES     |
| statements_digest              | YES     |
+--------------------------------+---------+

setup_consumers テーブル内のコンシューマ設定は、高いレベルから低いレベルまでの階層を形成します。さまざまなコンシューマを有効にすることの効果の詳細については、セクション22.2.3.3.4「コンシューマによる事前フィルタリング」を参照してください。

setup_consumers テーブルへの変更はただちにモニタリングに影響します。

setup_consumers テーブルにはこれらのカラムがあります。

  • NAME

    コンシューマ名。

  • ENABLED

    コンシューマが有効にされているかどうか。このカラムは変更できます。コンシューマを無効にすると、サーバーはそれにイベント情報を追加する時間を費やさなくなります。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.