Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


22.9.2.2 setup_consumers テーブル

setup_consumers テーブルは、イベント情報を格納でき、有効にされているコンシューマの種類を一覧表示します。

mysql> SELECT * FROM setup_consumers;
+--------------------------------+---------+
| NAME                           | ENABLED |
+--------------------------------+---------+
| events_stages_current          | NO      |
| events_stages_history          | NO      |
| events_stages_history_long     | NO      |
| events_statements_current      | YES     |
| events_statements_history      | NO      |
| events_statements_history_long | NO      |
| events_waits_current           | NO      |
| events_waits_history           | NO      |
| events_waits_history_long      | NO      |
| global_instrumentation         | YES     |
| thread_instrumentation         | YES     |
| statements_digest              | YES     |
+--------------------------------+---------+

setup_consumers テーブル内のコンシューマ設定は、高いレベルから低いレベルまでの階層を形成します。さまざまなコンシューマを有効にすることの効果の詳細については、セクション22.2.3.3.4「コンシューマによる事前フィルタリング」を参照してください。

setup_consumers テーブルへの変更はただちにモニタリングに影響します。

setup_consumers テーブルにはこれらのカラムがあります。

  • NAME

    コンシューマ名。

  • ENABLED

    コンシューマが有効にされているかどうか。このカラムは変更できます。コンシューマを無効にすると、サーバーはそれにイベント情報を追加する時間を費やさなくなります。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.