Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


22.9.2.1 setup_actors テーブル

setup_actors テーブルには、新しいフォアグラウンドサーバースレッド、つまりクライアント接続に関連付けられたスレッドのモニタリングを有効にするかどうかを決定する情報が格納されます。このテーブルはデフォルトで 100 行の最大サイズになります。テーブルサイズを変更するには、サーバー起動時に performance_schema_setup_actors_size システム変数を変更します。

新しいフォアグラウンドスレッドごとに、パフォーマンススキーマはスレッドのユーザーとホストを、setup_actors テーブルの行に対して照合します。一致する行があるかどうかに基づいて、スレッドの threads テーブル行の INSTRUMENTED カラムが YES または NO に設定されます。これにより、ホスト、ユーザー、またはホストとユーザーの組み合わせごとに、インストゥルメントが選択して適用されます。

setup_actors テーブルの初期の内容は、任意のユーザーとホストの組み合わせに一致するため、デフォルトですべてのフォアグラウンドスレッドのモニタリングが有効にされます。

mysql> SELECT * FROM setup_actors;
+------+------+------+
| HOST | USER | ROLE |
+------+------+------+
| %    | %    | %    |
+------+------+------+

setup_actors テーブルへの変更は既存のスレッドに影響しません。

イベントモニタリングで setup_actors テーブルを使用する方法については、セクション22.2.3.3.3「スレッドによる事前フィルタリング」を参照してください。

setup_actors テーブルにはこれらのカラムがあります。

  • HOST

    ホスト名。これらはリテラル名または任意のホストを意味する '%' であるべきです。

  • USER

    ユーザー名。これはリテラル名または任意のユーザーを意味する '%' であるべきです。

  • ROLE

    使用されません。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.