Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  シグナルへのサーバー応答

5.1.11 シグナルへのサーバー応答

Unix では、シグナルをプロセスに送信できます。mysqld は、プロセスに送信されたシグナルに次のように応答します。

  • SIGTERM によってサーバーはシャットダウンします。

  • SIGHUP によって、サーバーは付与テーブルをリロードし、テーブル、ログ、スレッドキャッシュ、およびホストキャッシュをフラッシュします。これらのアクションは、FLUSH ステートメントのさまざまな形式に似ています。サーバーは、次の形式を持つステータスレポートをエラーログに書き込みます。

    Status information:
    
    Current dir: /var/mysql/data/
    Running threads: 0  Stack size: 196608
    Current locks:
    
    Key caches:
    default
    Buffer_size:       8388600
    Block_size:           1024
    Division_limit:        100
    Age_limit:             300
    blocks used:             0
    not flushed:             0
    w_requests:              0
    writes:                  0
    r_requests:              0
    reads:                   0
    
    handler status:
    read_key:            0
    read_next:           0
    read_rnd             0
    read_first:          1
    write:               0
    delete               0
    update:              0
    
    Table status:
    Opened tables:          5
    Open tables:            0
    Open files:             7
    Open streams:           0
    
    Alarm status:
    Active alarms:   1
    Max used alarms: 2
    Next alarm time: 67

一部の OS X 10.3 バージョンでは、mysqldSIGHUP および SIGQUIT を無視します。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.