Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  シグナルへのサーバー応答

5.1.11 シグナルへのサーバー応答

Unix では、シグナルをプロセスに送信できます。mysqld は、プロセスに送信されたシグナルに次のように応答します。

  • SIGTERM によってサーバーはシャットダウンします。

  • SIGHUP によって、サーバーは付与テーブルをリロードし、テーブル、ログ、スレッドキャッシュ、およびホストキャッシュをフラッシュします。これらのアクションは、FLUSH ステートメントのさまざまな形式に似ています。サーバーは、次の形式を持つステータスレポートをエラーログに書き込みます。

    Status information:
    
    Current dir: /var/mysql/data/
    Running threads: 0  Stack size: 196608
    Current locks:
    
    Key caches:
    default
    Buffer_size:       8388600
    Block_size:           1024
    Division_limit:        100
    Age_limit:             300
    blocks used:             0
    not flushed:             0
    w_requests:              0
    writes:                  0
    r_requests:              0
    reads:                   0
    
    handler status:
    read_key:            0
    read_next:           0
    read_rnd             0
    read_first:          1
    write:               0
    delete               0
    update:              0
    
    Table status:
    Opened tables:          5
    Open tables:            0
    Open files:             7
    Open streams:           0
    
    Alarm status:
    Active alarms:   1
    Max used alarms: 2
    Next alarm time: 67

一部の OS X 10.3 バージョンでは、mysqldSIGHUP および SIGQUIT を無視します。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.