Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  サンプルのデフォルトサーバー構成ファイルの使用

5.1.2.2 サンプルのデフォルトサーバー構成ファイルの使用

MySQL 5.6.8 以降では、mysql_install_db は UNIX プラットフォーム上で、my.cnf という名前のデフォルトオプションファイルを基本インストールディレクトリに作成します。このファイルは my-default.cnf という名前の配布パッケージに含まれるテンプレートから作成されます。テンプレートは基本インストールディレクトリ内またはその配下から見つけることができます。mysqld_safe を使用して開始すると、サーバーはデフォルトで my.cnf ファイルを使用します。my.cnf がすでに存在する場合、mysql_install_db はそのファイルが使用中だと認識し、my-new.cnf という名前の新しいファイルを代わりに書き込みます。

1 つの例外を除き、デフォルトのオプションファイル内の設定はコメント化されて無効になっています。例外は、このファイルが sql_mode システム変数をデフォルトの NO_ENGINE_SUBSTITUTION から STRICT_TRANS_TABLES も含むように変更するということです。

sql_mode=NO_ENGINE_SUBSTITUTION,STRICT_TRANS_TABLES

この設定により、トランザクションテーブルを変更する操作での不良データに対して警告でなくエラーを発生させるサーバー構成が提供されます。セクション5.1.7「サーバー SQL モード」を参照してください。

my-default.cnf テンプレートは、MySQL の以前の配布で提供されていた古いサンプルオプションファイル (my-small.cnfmy-medium.cnfmy-large.cnf、および my-huge.cnf) を置き換えます。MySQL 5.6.8 以降では、これらの古いファイルは配布されなくなりました。

Windows では、MySQL Installer がユーザーと対話し、my.ini という名前のファイルをデフォルトオプションファイルとして基本インストールディレクトリに作成します。Windows 上で Zip アーカイブからインストールする場合、基本インストールディレクトリ内の my-default.ini テンプレートファイルを my.ini にコピーし、後者をデフォルトオプションファイルとして使用できます。

注記

Windows では、.ini または .cnf というオプションのファイル拡張子が表示されない場合もあります。

すべてのプラットフォームで、インストールプロセスの完了後、デフォルトオプションファイルを編集して、サーバーによって使用されるパラメータをいつでも変更できます。たとえば、行の先頭の # 文字によってコメント化されたファイル内のパラメータ設定を使用するには、# を削除し、必要に応じてパラメータ値を変更します。設定を無効にするには、行の先頭に # を追加するか、設定を削除します。

オプションファイルの形式および構文についての追加情報は、セクション4.2.6「オプションファイルの使用」を参照してください。

MySQL 5.6.8 以前では、MySQL の配布には、MySQL Server の調整の基礎として使用できるいくつかのサンプルオプションファイルが含まれていました。my-small.cnfmy-medium.cnfmy-large.cnf、および my-huge.cnf という名前のファイルを探してください。これらは小規模、中規模、大規模、および非常に大規模なシステム用のサンプルファイルです。Windows の場合、拡張子は .cnf でなく .ini です。

バイナリの配布については、インストールディレクトリ内またはその配下のサンプルファイルを探してください。ソースの配布がある場合、support-files ディレクトリ内を探してください。サンプルファイルを基本構成ファイルとして使用するには、ファイルのコピーを名前変更し、コピーを適切な場所に配置します。名前および適切な場所に関しては、セクション4.2.6「オプションファイルの使用」の一般的な情報を参照してください。