Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


5.1.2.1 サーバーのデフォルト値への変更

MySQL 5.6.6 以降では、MySQL Server のいくつかのデフォルトパラメータが、前のリリースのデフォルト値と異なっています。これらの変更の目的は、初期設定のままで優れたパフォーマンスを提供し、データベース管理者が設定を手動で変更することの必要性を低下させることです。

パラメータが別の固定のデフォルト値を持つ場合もあります。あるいは、固定値を使用するのではなく、ほかの関連するパラメータやサーバーホスト構成に基づく数式を使用して、サーバーが起動時にパラメータを自動サイズ設定する場合もあります。たとえば、back_log の設定は、以前のデフォルトの 50 で、max_connections の値に比例する量に応じて上方に調整されます。自動サイズ設定の背後には、固定値よりも適切だと思われるパラメータ設定について、決定を下すために利用できる情報をサーバーが持つ場合、その決定を下すという考え方があります。

次の表は、デフォルトへの変更を要約したものです。「バージョン」カラムは、それぞれのデフォルトが変更されたバージョンを示します。自動サイズ設定される変数の場合、変数の主な説明にはサイズ設定アルゴリズムに関する追加の詳細情報が提供されています。セクション5.1.4「サーバーシステム変数」セクション14.12「InnoDB の起動オプションおよびシステム変数」を参照してください。これらすべてのデフォルト設定は、サーバー起動時に明示的な値を指定することによってオーバーライドできます。

表 5.2 MySQL 5.6 でのサーバーデフォルトへの変更

パラメータ 古いデフォルト 新しいデフォルト バージョン
back_log 50 max_connections を使用した自動サイズ設定 5.6.6
binlog_checksum NONE CRC32 5.6.6
--binlog-row-event-max-size 1024 8192 5.6.6
flush_time 1800 (Windows の場合) 0 5.6.6
host_cache_size 128 max_connections を使用した自動サイズ設定 5.6.8
innodb_autoextend_increment 8 64 5.6.6
innodb_buffer_pool_instances 1 8 (プラットフォームに依存) 5.6.6
innodb_concurrency_tickets 500 5000 5.6.6
innodb_data_file_path ibdata1:10M:autoextend ibdata1:12M:autoextend 5.6.7
innodb_file_per_table 0 1 5.6.6
innodb_log_file_size 5MB 48MB 5.6.8
innodb_old_blocks_time 0 1000 5.6.6
innodb_open_files 300 innodb_file_per_tabletable_open_cache を使用した自動サイズ設定 5.6.6
innodb_stats_on_metadata ON OFF 5.6.6
join_buffer_size 128KB 256KB 5.6.6
max_allowed_packet 1MB 4MB 5.6.6
max_connect_errors 10 100 5.6.6
open_files_limit 0 max_connections を使用した自動サイズ設定 5.6.8
performance_schema OFF ON 5.6.6
performance_schema_events_waits_history_long_size 10000 自動サイズ設定 5.6.6
performance_schema_events_waits_history_size 10 自動サイズ設定 5.6.6
performance_schema_max_cond_instances 1000 自動サイズ設定 5.6.6
performance_schema_max_file_instances 10000 自動サイズ設定 5.6.6
performance_schema_max_mutex_instances 1000000 自動サイズ設定 5.6.6
performance_schema_max_rwlock_instances 1000000 自動サイズ設定 5.6.6
performance_schema_max_table_handles 100000 自動サイズ設定 5.6.6
performance_schema_max_table_instances 50000 自動サイズ設定 5.6.6
performance_schema_max_thread_instances 1000 自動サイズ設定 5.6.6
query_cache_size 0 1M 5.6.8
query_cache_type ON OFF 5.6.8
secure_auth OFF ON 5.6.7
sql_mode '' (空の文字列) NO_ENGINE_SUBSTITUTION 5.6.6
sync_master_info 0 10000 5.6.6
sync_relay_log 0 10000 5.6.6
sync_relay_log_info 0 10000 5.6.6
table_definition_cache 400 table_open_cache を使用した自動サイズ設定 5.6.8
table_open_cache 400 2000 5.6.8
thread_cache_size 0 max_connections を使用した自動サイズ設定 5.6.8

MySQL 5.6.6 では、innodb_checksum_algorithm のデフォルトは INNODB から CRC32 に変更されました。互換性の理由から、デフォルトは 5.6.7 で INNODB に戻されました。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.