Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  INFORMATION_SCHEMA テーブル  /  INFORMATION_SCHEMA ROUTINES テーブル

21.18 INFORMATION_SCHEMA ROUTINES テーブル

ROUTINES テーブルはストアドルーチン (プロシージャーおよび関数の両方) に関する情報を提供します。ROUTINES テーブルには、ユーザー定義関数 (UDF) は含まれません。

mysql.procは、存在する場合、INFORMATION_SCHEMA.ROUTINES テーブルカラムに対応する mysql.proc テーブルカラムを示します。

INFORMATION_SCHEMA mysql.proc 備考
SPECIFIC_NAME specific_name  
ROUTINE_CATALOG   def
ROUTINE_SCHEMA db  
ROUTINE_NAME name  
ROUTINE_TYPE type {PROCEDURE|FUNCTION}
DATA_TYPE   COLUMNS テーブルの場合と同じ
CHARACTER_MAXIMUM_LENGTH   COLUMNS テーブルの場合と同じ
CHARACTER_OCTET_LENGTH   COLUMNS テーブルの場合と同じ
NUMERIC_PRECISION   COLUMNS テーブルの場合と同じ
NUMERIC_SCALE   COLUMNS テーブルの場合と同じ
DATETIME_PRECISION   COLUMNS テーブルの場合と同じ
CHARACTER_SET_NAME   COLUMNS テーブルの場合と同じ
COLLATION_NAME   COLUMNS テーブルの場合と同じ
DTD_IDENTIFIER   データ型ディスクリプタ
ROUTINE_BODY   SQL
ROUTINE_DEFINITION body_utf8  
EXTERNAL_NAME   NULL
EXTERNAL_LANGUAGE language NULL
PARAMETER_STYLE   SQL
IS_DETERMINISTIC is_deterministic  
SQL_DATA_ACCESS sql_data_access  
SQL_PATH   NULL
SECURITY_TYPE security_type  
CREATED created  
LAST_ALTERED modified  
SQL_MODE sql_mode MySQL 拡張
ROUTINE_COMMENT comment MySQL 拡張
DEFINER definer MySQL 拡張
CHARACTER_SET_CLIENT   MySQL 拡張
COLLATION_CONNECTION   MySQL 拡張
DATABASE_COLLATION   MySQL 拡張

:

  • MySQL は EXTERNAL_LANGUAGE を次のように計算します。

    • mysql.proc.language='SQL' の場合、EXTERNAL_LANGUAGENULL になります

    • それ以外の場合、EXTERNAL_LANGUAGEmysql.proc.language に存在します。ただし、まだ外部言語がないので、これは常に NULL になります。

  • CREATED: ルーチンが作成された日時です。これは TIMESTAMP 値です。

  • LAST_ALTERED: ルーチンが最後に変更された日時です。これは TIMESTAMP 値です。ルーチンが作成されてから変更されなかった場合、このカラムは CREATED カラムと同じ値を保持します。

  • SQL_MODE: ルーチンが作成または変更されたときに有効であり、ルーチンを実行するときの SQL モードです。指定可能な値については、セクション5.1.7「サーバー SQL モード」を参照してください。

  • CHARACTER_SET_CLIENT: ルーチンが作成されたときの character_set_client システム変数のセッション値です。

  • COLLATION_CONNECTION: ルーチンが作成されたときの collation_connection システム変数のセッション値です。

  • DATABASE_COLLATION: ルーチンが関連付けられているデータベースの照合順序です。

  • DATA_TYPECHARACTER_MAXIMUM_LENGTHCHARACTER_OCTET_LENGTHNUMERIC_PRECISIONNUMERIC_SCALEDATETIME_PRECISIONCHARACTER_SET_NAME、および COLLATION_NAME カラムは、ストアドファンクションの RETURNS 句に対するデータ型に関する情報を提供します。ストアドルーチンがストアドプロシージャーである場合、これらのカラムはすべて NULL になります。MySQL 5.6.4 で DATETIME_PRECISION が追加されました。

  • ストアドファンクション RETURNS データ型に関する情報は、PARAMETERS テーブルでも利用できます。関数に対する戻り値のデータ型の行は、ORDINAL_POSITION 値が 0 である行として識別できます。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.