Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  レプリケーション、バイナリロギングオプション、および変数のリファレンス

17.1.4.1 レプリケーション、バイナリロギングオプション、および変数のリファレンス

次の表は、レプリケーションおよびバイナリログに適用できる、MySQL コマンド行オプションとシステム変数に関する基本情報の一覧です。

表 17.1 MySQL 5.6 でのレプリケーションのオプションおよび変数のサマリー

オプションまたは変数名
コマンド行 システム変数 ステータス変数
オプションファイル スコープ 動的
メモ

Com_change_master

いいえ いいえ はい
いいえ 両方 いいえ

説明: CHANGE MASTER ステートメントの数

Com_show_master_status

いいえ いいえ はい
いいえ 両方 いいえ

説明: SHOW MASTER STATUS ステートメントの数

Com_show_new_master

いいえ いいえ はい
いいえ 両方 いいえ

説明: SHOW NEW MASTER ステートメントの数

Com_show_slave_hosts

いいえ いいえ はい
いいえ 両方 いいえ

説明: SHOW SLAVE HOSTS ステートメントの数

Com_show_slave_status

いいえ いいえ はい
いいえ 両方 いいえ

説明: SHOW SLAVE STATUS ステートメントの数

Com_slave_start

いいえ いいえ はい
いいえ 両方 いいえ

説明: START SLAVE ステートメントの数

Com_slave_stop

いいえ いいえ はい
いいえ 両方 いいえ

説明: STOP SLAVE ステートメントの数

Rpl_semi_sync_master_clients

いいえ いいえ はい
いいえ グローバル いいえ

説明: 準同期スレーブの数

Rpl_semi_sync_master_net_avg_wait_time

いいえ いいえ はい
いいえ グローバル いいえ

説明: マスターがスレーブ応答を待機した平均時間

Rpl_semi_sync_master_net_wait_time

いいえ いいえ はい
いいえ グローバル いいえ

説明: マスターがスレーブ応答を待機した合計時間

Rpl_semi_sync_master_net_waits

いいえ いいえ はい
いいえ グローバル いいえ

説明: マスターがスレーブ応答を待機した合計回数

Rpl_semi_sync_master_no_times

いいえ いいえ はい
いいえ グローバル いいえ

説明: マスターが準同期レプリケーションをオフにした回数

Rpl_semi_sync_master_no_tx

いいえ いいえ はい
いいえ グローバル いいえ

説明: 正常に肯定応答されなかったコミットの数

Rpl_semi_sync_master_status

いいえ いいえ はい
いいえ グローバル いいえ

説明: 準同期レプリケーションがマスター上で動作しているかどうか

Rpl_semi_sync_master_timefunc_failures

いいえ いいえ はい
いいえ グローバル いいえ

説明: 時間関数を呼び出すときにマスターが失敗した回数

Rpl_semi_sync_master_tx_avg_wait_time

いいえ いいえ はい
いいえ グローバル いいえ

説明: マスターが各トランザクションを待機した平均時間

Rpl_semi_sync_master_tx_wait_time

いいえ いいえ はい
いいえ グローバル いいえ

説明: マスターがトランザクションを待機した合計時間

Rpl_semi_sync_master_tx_waits

いいえ いいえ はい
いいえ グローバル いいえ

説明: マスターがトランザクションを待機した合計回数

Rpl_semi_sync_master_wait_pos_backtraverse

いいえ いいえ はい
いいえ グローバル いいえ

説明: 以前待機したイベントよりもバイナリ座標が低いイベントをマスターが待機した合計回数

Rpl_semi_sync_master_wait_sessions

いいえ いいえ はい
いいえ グローバル いいえ

説明: 現在スレーブ応答を待機しているセッションの数

Rpl_semi_sync_master_yes_tx

いいえ いいえ はい
いいえ グローバル いいえ

説明: 正常に肯定応答されたコミットの数

Rpl_semi_sync_slave_status

いいえ いいえ はい
いいえ グローバル いいえ

説明: 準同期レプリケーションがスレーブ上で動作しているかどうか

slave_exec_mode

はい はい いいえ
はい グローバル はい

説明: スレーブスレッドを IDEMPOTENT モード (重大なおよびほかのいくつかのエラーが抑止されます) と STRICT モードの間で切り替えることを許可します。IDEMPOTENT が常に使用される MySQL Cluster を除いて、STRICT モードがデフォルトです。

Slave_open_temp_tables

いいえ いいえ はい
いいえ グローバル いいえ

説明: スレーブ SQL スレッドが現在開いている一時テーブルの数

Slave_retried_transactions

いいえ いいえ はい
いいえ グローバル いいえ

説明: 起動以降、レプリケーションスレーブ SQL スレッドがトランザクションを再試行した合計回数

Slave_running

いいえ いいえ はい
いいえ グローバル いいえ

説明: このサーバーのレプリケーションスレーブとしての状態 (スレーブ I/O スレッドステータス)

abort-slave-event-count

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: mysql-test によってレプリケーションのデバッグとテストのために使用されるオプション

binlog_gtid_recovery_simplified

はい はい いいえ
はい グローバル いいえ

説明: GTID リカバリ中にバイナリログがどのように反復されるかを制御します

disable-gtid-unsafe-statements

はい はい いいえ
はい グローバル いいえ

説明: 廃止: MySQL 5.6.9 では、--enforce-gtid-consistency によって置き換えられます。

disable_gtid_unsafe_statements

はい はい いいえ
はい グローバル いいえ

説明: 廃止: MySQL 5.6.9 では、enforce_gtid_consistency によって置き換えられます。

disconnect-slave-event-count

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: mysql-test によってレプリケーションのデバッグとテストのために使用されるオプション

enforce-gtid-consistency

はい はい いいえ
はい グローバル いいえ

説明: トランザクションセーフな方法でログを記録できないステートメントの実行を回避します。これらには、トランザクション内の CREATE TEMPORARY TABLE、CREATE TABLE ... SELECT、トランザクションおよび非トランザクションの両方のテーブルを更新するトランザクションやステートメントなどがあります。

enforce_gtid_consistency

はい はい いいえ
はい グローバル いいえ

説明: true のときは、トランザクションセーフな方法でログを記録できないため、ステートメントの実行は許可されません。このようなステートメントには、トランザクション内の CREATE TEMPORARY TABLE、CREATE TABLE ... SELECT、トランザクションおよび非トランザクションの両方のテーブルを更新するトランザクションやステートメントなどがあります。読み取り専用。サーバーの起動時に --disable-gtid-unsafe-statements を使用して設定します。

gtid_done

いいえ はい いいえ
いいえ 両方 いいえ

説明: 廃止: MySQL 5.6.9 では、gtid_executed に置き換えられました。

gtid_executed

いいえ はい いいえ
いいえ 両方 いいえ

説明: グローバル: バイナリログ (グローバル) または現在のトランザクション (セッション) 内のすべての GTID。読み取り専用

gtid_lost

いいえ はい いいえ
いいえ グローバル いいえ

説明: 廃止: MySQL 5.6.9 では、gtid_purged に置き換えられました。

gtid-mode

はい はい いいえ
はい グローバル いいえ

説明: ON は GTID を有効にし、OFF は無効にします。UPGRADE_STEP_1 と UPGRADE_STEP_2 は現在サポートされていません。

gtid_mode

いいえ はい いいえ
いいえ グローバル いいえ

説明: GTID が有効かどうかを示します。読み取り専用

gtid_next

いいえ はい いいえ
いいえ セッション はい

説明: 次に実行するステートメントの GTID を指定します。詳細は、ドキュメントを参照してください。

gtid_owned

いいえ はい いいえ
いいえ 両方 いいえ

説明: 所有者 (グローバル) のスレッド ID に加えて、このクライアント (セッション) またはすべてのクライアントによって所有される GTID セットです。読み取り専用

gtid_purged

いいえ はい いいえ
いいえ グローバル はい

説明: バイナリログからパージされたすべてのグループのセット。

init_slave

はい はい いいえ
はい グローバル はい

説明: スレーブがマスターに接続するときに実行されるステートメント

log-slave-updates

はい はい いいえ
はい グローバル いいえ

説明: このオプションは、スレーブ SQL スレッドが実行した更新のログを自身のバイナリログに記録するようにスレーブに指示します。

log_slave_updates

はい はい いいえ
はい グローバル いいえ

説明: スレーブがその SQL スレッドによって実行された更新のログを自身のバイナリログに記録するかどうかを指示します。読み取り専用。--log-slave-updates サーバーオプションを使用して設定します。

master-info-file

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: マスターを記憶するファイルの場所と名前、および I/O レプリケーションスレッドがマスターのバイナリログ内でどこにあるか

master-info-repository

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: マスターのバイナリログ内のマスターステータス情報とレプリケーション I/O スレッド位置をファイルまたはテーブルに書き込むかどうか。

master_info_repository

はい はい いいえ
はい グローバル はい

説明: マスターのバイナリログ内のマスターステータス情報とレプリケーション I/O スレッド位置をファイルまたはテーブルに書き込むかどうか。

master-retry-count

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: スレーブがマスターへの接続を試行する回数 (このあとは停止)

relay-log

はい はい いいえ
はい グローバル いいえ

説明: リレーログに使用する場所とベース名

relay_log_basename

いいえ はい いいえ
いいえ グローバル いいえ

説明: リレーログへの完全パス (ファイル名を含む)

relay-log-index

はい はい いいえ
はい グローバル いいえ

説明: 最後のリレーログのリストを保持するファイルに使用する場所と名前

relay-log-info-file

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: SQL レプリケーションスレッドがリレーログ内のどこにあるかを記憶するファイルの場所と名前

relay_log_info_file

はい はい いいえ
はい グローバル いいえ

説明: スレーブがリレーログの情報を記録するファイルの名前。

relay-log-info-repository

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: レプリケーション SQL スレッドのリレーログ内での場所をファイルまたはテーブルに書き込むかどうか。

relay_log_info_repository

いいえ はい いいえ
いいえ グローバル はい

説明: レプリケーション SQL スレッドのリレーログ内での場所をファイルまたはテーブルに書き込むかどうか。

relay_log_index

はい はい いいえ
はい グローバル いいえ

説明: リレーログインデックスファイルの名前。

relay_log_purge

はい はい いいえ
はい グローバル はい

説明: リレーログがパージされるかどうかを決定します

relay-log-recovery

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: 起動時のマスターからのリレーログファイル自動リカバリを有効にします

relay_log_recovery

はい はい いいえ
はい グローバル はい

説明: 起動時のマスターからのリレーログファイル自動リカバリが有効であるかどうか。クラッシュセーフスレーブにするには有効にする必要があります。

relay_log_space_limit

はい はい いいえ
はい グローバル いいえ

説明: すべてのリレーログに使用する最大領域

replicate-do-db

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: 指定されたデータベースにレプリケーションを制限するようにスレーブ SQL スレッドに指示します

replicate-do-table

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: 指定されたテーブルにレプリケーションを制限するようにスレーブ SQL スレッドに指示します

replicate-ignore-db

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: 指定されたデータベースに複製しないようにスレーブ SQL スレッドに指示します

replicate-ignore-table

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: 指定されたテーブルに複製しないようにスレーブ SQL スレッドに指示します

replicate-rewrite-db

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: 元の名前とは異なる名前のデータベースに更新します

replicate-same-server-id

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: レプリケーションで、1 に設定されている場合は、同じサーバー ID を持つイベントをスキップしません

replicate-wild-do-table

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: 指定されたワイルドカードパターンに一致するテーブルにレプリケーションを制限するようにスレーブスレッドに指示します

replicate-wild-ignore-table

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: 指定されたワイルドカードパターンに一致するテーブルに複製しないようにスレーブスレッドに指示します

report-host

はい はい いいえ
はい グローバル いいえ

説明: スレーブ登録中にマスターに報告するスレーブのホスト名または IP

report-password

はい はい いいえ
はい グローバル いいえ

説明: スレーブサーバーがマスターに報告すべき任意パスワード。MySQL レプリケーションユーザーアカウント用のパスワードと同じではないもの

report-port

はい はい いいえ
はい グローバル いいえ

説明: スレーブ登録中にマスターに報告される、スレーブに接続するためのポート

report-user

はい はい いいえ
はい グローバル いいえ

説明: スレーブサーバーがマスターに報告すべき任意ユーザー名。MySQL レプリケーションユーザーアカウントで使用される名前と同じではないもの。

rpl_semi_sync_master_enabled

いいえ はい いいえ
いいえ グローバル はい

説明: 準同期レプリケーションがマスターで有効であるかどうか

rpl_semi_sync_master_timeout

いいえ はい いいえ
いいえ グローバル はい

説明: スレーブ肯定応答を待機するミリ秒

rpl_semi_sync_master_trace_level

いいえ はい いいえ
いいえ グローバル はい

説明: マスターでの準同期レプリケーションデバッグトレースレベル

rpl_semi_sync_master_wait_no_slave

いいえ はい いいえ
いいえ グローバル はい

説明: マスターがタイムアウトを待機するかどうか (スレーブなしでも可)

rpl_semi_sync_slave_enabled

いいえ はい いいえ
いいえ グローバル はい

説明: 準同期レプリケーションがスレーブで有効かどうか

rpl_semi_sync_slave_trace_level

いいえ はい いいえ
いいえ グローバル はい

説明: スレーブでの準同期レプリケーションデバッグトレースレベル

rpl_stop_slave_timeout

はい はい いいえ
はい グローバル はい

説明: STOP SLAVE が待機する秒数を設定します (このあとはタイムアウト)。

server_uuid

いいえ はい いいえ
いいえ グローバル いいえ

説明: サーバーのグローバル一意ID、サーバー起動時に自動的に生成 (再生成)

show-slave-auth-info

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: このマスターでの SHOW SLAVE HOSTS でユーザー名とパスワードを表示します

simplified_binlog_gtid_recovery

はい はい いいえ
はい グローバル いいえ

説明: GTID リカバリ中にバイナリログがどのように反復されるかを制御します

skip-slave-start

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: 設定されている場合は、スレーブは自動起動されません

slave-load-tmpdir

はい はい いいえ
はい グローバル いいえ

説明: スレーブが LOAD DATA INFILE ステートメントを複製するときにその一次ファイルを置くべき場所

slave-skip-errors

はい はい いいえ
はい グローバル いいえ

説明: 提供されたリストからクエリーがエラーを返すときでもレプリケーションを継続するようにスレーブスレッドに指示します

slave-checkpoint-group

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: 進捗状況ステータスを更新するためにチェックポイント操作が呼び出される前に、マルチスレッドスレーブによって処理される最大トランザクション数。

slave_checkpoint_group

はい はい いいえ
はい グローバル はい

説明: 進捗状況ステータスを更新するためにチェックポイント操作が呼び出される前に、マルチスレッドスレーブによって処理される最大トランザクション数。

slave-checkpoint-period

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: このミリ秒後に、マルチスレッドスレーブの進捗状況ステータスを更新し、リレーログ情報をディスクにフラッシュします。

slave_checkpoint_period

はい はい いいえ
はい グローバル はい

説明: このミリ秒後に、マルチスレッドスレーブの進捗状況ステータスを更新し、リレーログ情報をディスクにフラッシュします。

slave_compressed_protocol

はい はい いいえ
はい グローバル はい

説明: マスター/スレーブプロトコルで圧縮を使用します

slave-max-allowed-packet

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: レプリケーションマスターからスレーブに送信できるパケットの最大サイズ (バイト単位)。max_allowed_packet をオーバーライドします。

slave_max_allowed_packet

いいえ はい いいえ
いいえ グローバル はい

説明: レプリケーションマスターからスレーブに送信できるパケットの最大サイズ (バイト単位)。max_allowed_packet をオーバーライドします。

slave_net_timeout

はい はい いいえ
はい グローバル はい

説明: マスター/スレーブ接続から後続のデータを待機する秒数 (このあとは読み取りを中止)

slave_parallel_workers

いいえ はい いいえ
いいえ グローバル はい

説明: イベントを並列実行するためのワーカースレッドの数。0 (デフォルト) に設定すると、スレーブマルチスレッドが無効になります。

slave-parallel-workers

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: イベントを並列実行するためのワーカースレッドの数。0 (デフォルト) に設定すると、スレーブマルチスレッドが無効になります。

slave-pending-jobs-size-max

はい いいえ いいえ
いいえ いいえ

説明: まだ適用されていないイベントを保持するスレーブワーカーキューの最大サイズ。

slave_pending_jobs_size_max

いいえ はい いいえ
いいえ グローバル はい

説明: まだ適用されていないイベントを保持するスレーブワーカーキューの最大サイズ。

slave-rows-search-algorithms

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: スレーブ更新バッチに使用される検索アルゴリズムを決定します。リスト INDEX_SEARCH、TABLE_SCAN、HASH_SCAN からの任意の 2 つまたは 3 つ。デフォルトは TABLE_SCAN、INDEX_SCAN。

slave_rows_search_algorithms

いいえ はい いいえ
いいえ グローバル はい

説明: スレーブ更新バッチに使用される検索アルゴリズムを決定します。リスト INDEX_SEARCH、TABLE_SCAN、HASH_SCAN からの任意の 2 つまたは 3 つ。デフォルトは TABLE_SCAN、INDEX_SCAN。

slave_transaction_retries

はい はい いいえ
はい グローバル はい

説明: スレーブ SQL スレッドがデッドロックまたはロック待機タイムアウト経過によって失敗した場合にトランザクションを再試行する回数 (このあとは中止して停止)

slave_type_conversions

はい はい いいえ
はい グローバル いいえ

説明: レプリケーションスレーブでの型変換モードを制御します。値は、リスト ALL_LOSSY、ALL_NON_LOSSY からのゼロ個以上の要素のリストです。空の文字列に設定すると、マスターとスレーブ間の型変換を禁止します。

sql_slave_skip_counter

いいえ はい いいえ
いいえ グローバル はい

説明: スレーブサーバーがスキップすべき、マスターからのイベントの数。GTID レプリケーションと互換性はありません。

sync_binlog

はい はい いいえ
はい グローバル はい

説明: # 番目のイベントごとに同期的にバイナリログをディスクにフラッシュします

sync_master_info

はい はい いいえ
はい グローバル はい

説明: # 番目のイベントごとに master.info をディスクに同期します。

sync_relay_log

はい はい いいえ
はい グローバル はい

説明: # 番目のイベントごとにリレーログをディスクに同期します。

sync_relay_log_info

はい はい いいえ
はい グローバル はい

説明: # 番目のイベントごとに relay.info ファイルをディスクに同期します。


セクション17.1.4.2「レプリケーションマスターのオプションと変数」は、レプリケーションマスターサーバーに関係するオプションと変数に関する詳細情報を提供します。レプリケーションスレーブに関係するオプションと変数に関する詳細情報については、セクション17.1.4.3「レプリケーションスレーブのオプションと変数」を参照してください。

表 17.2 MySQL 5.6 でのバイナリロギングのオプションおよび変数のサマリー

オプションまたは変数名
コマンド行 システム変数 ステータス変数
オプションファイル スコープ 動的
メモ

Binlog_cache_disk_use

いいえ いいえ はい
いいえ グローバル いいえ

説明: バイナリログキャッシュの代わりに一時ファイルを使用したトランザクションの数

binlog_row_image

はい はい いいえ
はい 両方 はい

説明: 行変更のログを記録するときに full または minimal イメージを使用します。許容される値は full、minimal、および noblob です。

binlog_rows_query_log_events

いいえ はい いいえ
いいえ 両方 はい

説明: TRUE のとき、行ベースロギングモードで行クエリーログイベントのロギングを有効にします。デフォルトは FALSE です。5.6.2 より前のレプリケーションスレーブまたはほかのリーダーのログを生成するときは有効にしないでください。

Binlog_stmt_cache_disk_use

いいえ いいえ はい
いいえ グローバル いいえ

説明: バイナリログステートメントキャッシュの代わりに一時ファイルを使用した非トランザクションステートメントの数

Binlog_cache_use

いいえ いいえ はい
いいえ グローバル いいえ

説明: 一時バイナリログキャッシュを使用したトランザクションの数

Binlog_stmt_cache_use

いいえ いいえ はい
いいえ グローバル いいえ

説明: 一時バイナリログステートメントキャッシュを使用したステートメントの数

Com_show_binlog_events

いいえ いいえ はい
いいえ 両方 いいえ

説明: SHOW BINLOG EVENTS ステートメントの数

Com_show_binlogs

いいえ いいえ はい
いいえ 両方 いいえ

SHOW BINLOGS ステートメントの数

binlog-checksum

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: バイナリログチェックサムを有効化/無効化します

binlog_checksum

いいえ はい いいえ
いいえ グローバル はい

説明: バイナリログチェックサムを有効化/無効化します

binlog-do-db

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: バイナリロギングを特定のデータベースに制限します

binlog_error_action

はい はい いいえ
はい 両方 はい

説明: サーバーがバイナリログに書き込めないときに何が起きるかを制御します。2 つのいずれかの値を想定できます: IGNORE_ERROR (デフォルト) は、サーバーはエラーログを記録しますが、更新処理を継続することを意味します。ABORT_SERVER の場合は、バイナリログを書き込みめないときにサーバーがシャットダウンします。

binlog-ignore-db

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: 指定されたデータベースへの更新をバイナリログにログを記録すべきでないことをマスターに指示します

binlogging_impossible_mode

はい はい いいえ
はい 両方 はい

説明: 非推奨であり、将来のバージョンで削除されます。代わりに、名前が変更された binlog_error_action を使用します。

binlog-row-event-max-size

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: バイナリログ最大イベントサイズ

binlog_cache_size

はい はい いいえ
はい グローバル はい

説明: トランザクション中にバイナリログのために SQL ステートメントを保持するキャッシュのサイズ

binlog_max_flush_queue_time

いいえ はい いいえ
いいえ グローバル はい

説明: バイナリログにフラッシュする前にどのくらいトランザクションを読み取るか

binlog_order_commits

いいえ はい いいえ
いいえ グローバル はい

説明: バイナリログへの書き込みと同じ順序でコミットするかどうか

binlog_stmt_cache_size

はい はい いいえ
はい グローバル はい

説明: トランザクション中にバイナリログのために非トランザクションステートメントを保持するキャッシュのサイズ

binlog_format

はい はい いいえ
はい 両方 はい

説明: バイナリログの形式を指定します

binlog-rows-query-log-events

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: 行ベースロギングを使用するときに行クエリーログイベントのロギングを有効にします。デフォルトで無効になっています。5.6.2 より前のスレーブ/リーダーにログを生成するときは有効にしないでください。

binlog_direct_non_transactional_updates

はい はい いいえ
はい 両方 はい

説明: 非トランザクションエンジンにステートメント形式を使用する更新が直接バイナリログに書き込まれます。使用する前にドキュメントを参照してください。

log_bin_basename

いいえ はい いいえ
いいえ グローバル いいえ

説明: バイナリログへの完全パス (ファイル名を含む)

log-bin-use-v1-row-events

はい はい いいえ
はい グローバル いいえ

説明: バージョン 1 バイナリログ行イベントを使用します

log_bin_use_v1_row_events

はい はい いいえ
はい グローバル いいえ

説明: サーバーがバージョン 1 バイナリログ行イベントを使用しているかどうか

master-verify-checksum

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: マスターがバイナリログから読み取るときにチェックサムを検査します。

master_verify_checksum

いいえ はい いいえ
いいえ グローバル はい

説明: マスターがバイナリログからチェックサムを読み取ります。

max-binlog-dump-events

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: mysql-test によってレプリケーションのデバッグとテストのために使用されるオプション

max_binlog_cache_size

はい はい いいえ
はい グローバル はい

説明: マルチステートメントトランザクションをキャッシュするために使用される合計サイズを制限するために使用できます

max_binlog_size

はい はい いいえ
はい グローバル はい

説明: サイズがこの値を超えたときにバイナリログが自動的にローテーションします。

max_binlog_stmt_cache_size

はい はい いいえ
はい グローバル はい

説明: トランザクション中にすべての非トランザクションステートメントをキャッシュするために使用される合計サイズを制限するために使用できます

slave-sql-verify-checksum

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: スレーブがリレーログから読み取るときにチェックサムを検査します

slave_sql_verify_checksum

いいえ はい いいえ
いいえ グローバル はい

説明: スレーブがリレーログから読み取るときにチェックサムを検査します。

sporadic-binlog-dump-fail

はい いいえ いいえ
はい いいえ

説明: mysql-test によってレプリケーションのデバッグとテストのために使用されるオプション


セクション17.1.4.4「バイナリログのオプションと変数」は、バイナリロギングに関係するオプションと変数に関する詳細情報を提供します。バイナリログに関するその他の一般情報については、セクション5.2.4「バイナリログ」を参照してください。

sql_log_bin および sql_log_off 変数については、セクション5.1.4「サーバーシステム変数」を参照してください。

mysqld で使用されるすべてのコマンド行オプション、システム変数、およびステータス変数を示す表については、セクション5.1.1「サーバーオプションおよび変数リファレンス」を参照してください。