Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  クエリーからどんな結果を得ることができるか

23.8.15.2 クエリーからどんな結果を得ることができるか

クエリーによって返される結果セットに加えて、次の情報も取得できます。

  • mysql_affected_rows() は、INSERTUPDATE、または DELETE の実行中に、最後のクエリーによって影響を受けた行の数を返します。

    高速の再作成のために、TRUNCATE TABLE を使用します。

  • mysql_num_rows() は結果セット内に行数を返します。mysql_store_result() では、mysql_store_result() が戻ったらすぐに、mysql_num_rows() を呼び出すことができます。mysql_use_result() では、mysql_fetch_row() によってすべての行をフェッチしたあとにのみ、mysql_num_rows() を呼び出すことができます。

  • mysql_insert_id() は、AUTO_INCREMENT インデックスでテーブル内に行を挿入した最後のクエリーによって生成された ID を返します。セクション23.8.7.37「mysql_insert_id()」を参照してください。

  • いくつかのクエリー (LOAD DATA INFILE ...INSERT INTO ... SELECT ...UPDATE) は追加の情報を返します。結果は mysql_info() によって返されます。mysql_info() が返す文字列の形式については、その説明を参照してください。追加の情報がない場合は、mysql_info()NULL ポインタを返します。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.