Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.1Mb
EPUB - 7.5Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  INFORMATION_SCHEMA テーブル  /  INFORMATION_SCHEMA PROFILING テーブル

21.16 INFORMATION_SCHEMA PROFILING テーブル

PROFILING テーブルは、ステートメントプロファイリング情報を提供します。その内容は、SHOW PROFILES および SHOW PROFILE ステートメントで生成される情報に対応します (セクション13.7.5.32「SHOW PROFILES 構文」を参照してください)。profiling セッション変数は 1 に設定されないかぎり、テーブルは空です。

INFORMATION_SCHEMA SHOW 備考
QUERY_ID Query_ID  
SEQ  
STATE Status  
DURATION Duration  
CPU_USER CPU_user  
CPU_SYSTEM CPU_system  
CONTEXT_VOLUNTARY Context_voluntary  
CONTEXT_INVOLUNTARY Context_involuntary  
BLOCK_OPS_IN Block_ops_in  
BLOCK_OPS_OUT Block_ops_out  
MESSAGES_SENT Messages_sent  
MESSAGES_RECEIVED Messages_received  
PAGE_FAULTS_MAJOR Page_faults_major  
PAGE_FAULTS_MINOR Page_faults_minor  
SWAPS Swaps  
SOURCE_FUNCTION Source_function  
SOURCE_FILE Source_file  
SOURCE_LINE Source_line  

:

  • QUERY_ID は数値のステートメント識別子です。

  • SEQ は、同じ QUERY_ID 値を持つ行の表示順を示すシーケンス番号です。

  • STATE は、行の測定が適用されるプロファイリング状態です。

  • DURATION は、ステートメントの実行が、一定の状態に持続していた時間を秒単位で示します。

  • CPU_USER および CPU_SYSTEM はユーザーおよびシステムの CPU 使用率を秒単位で示します。

  • CONTEXT_VOLUNTARY および CONTEXT_INVOLUNTARY は、自発的および強制的コンテキストスイッチが行われた回数を示します。

  • BLOCK_OPS_IN および BLOCK_OPS_OUT は、ブロック入力および出力操作の数を示します。

  • MESSAGES_SENT および MESSAGES_RECEIVED は、送受信された通信メッセージの数を示します。

  • PAGE_FAULTS_MAJOR および PAGE_FAULTS_MINOR は、メジャーおよびマイナーページフォルトの数を示します。

  • SWAPS はスワップが行われた数を示します。

  • SOURCE_FUNCTIONSOURCE_FILE、および SOURCE_LINE は、プロファイルされた状態で実行されるソースコード内の箇所を示す情報を提供します。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.