Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


8.4.2.4 PROCEDURE ANALYSE の使用

ANALYSE([max_elements[,max_memory]])

ANALYSE() はクエリーからの結果を調査し、テーブルサイズの削減に役立つ可能性がある各カラムの最適なデータ型を提案する結果の分析を返します。この分析を取得するには、SELECT ステートメントの末尾に PROCEDURE ANALYSE を追加します。

SELECT ... FROM ... WHERE ... PROCEDURE ANALYSE([max_elements,[max_memory]])

例:

SELECT col1, col2 FROM table1 PROCEDURE ANALYSE(10, 2000);

結果には、クエリーによって返された値のいくつかの統計が表示され、カラムの最適なデータ型が提案されます。これは、既存のテーブルのチェックや新しいデータのインポート後に役立つことがあります。ENUM データ型が適切でない場合に、PROCEDURE ANALYSE() がそれを提案しないように、引数の異なる設定を試してみる必要がある場合があります。

引数はオプションで次のように使用します。

  • max_elements (デフォルト 256) は、ANALYSE() がカラムあたりに認識する個々の値の最大数です。これは、ANALYSE() によって、最適なデータ型が型 ENUM であるかどうかをチェックするために使用されます。max_elements 個を超える個別の値がある場合、ENUM は提案される型ではありません。

  • max_memory (デフォルト 8192) は ANALYSE() がすべての個別の値を見つけようとする間に、カラムごとに割り当てるべき最大メモリー量です。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.