Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  ネイティブパッケージを使用して OS X に MySQL をインストールする

2.4.2 ネイティブパッケージを使用して OS X に MySQL をインストールする

パッケージは、ディスクイメージ (.dmg) ファイルにあり、最初に Finder でそのアイコンをダブルクリックしてマウントする必要があります。すると、イメージがマウントされ、そのコンテンツが表示されます。

注記

インストールに進む前に、MySQL Manager Application (OS X Server 上で) またはコマンド行で mysqladmin shutdown を使用して、実行中の MySQL Server インスタンスを必ずすべて停止してください。

パッケージバージョンからインストールする場合、MySQL Preference Pane もインストールできます。これにより、MySQL Server の起動と実行を「システム環境設定」から管理できるようになります。詳細については、セクション2.4.5「MySQL Preference Pane のインストールと使用」を参照してください。

Package Installer を使用してインストールする場合、ファイルは /usr/local 内の、インストールするバージョンとプラットフォームに一致する名前のディレクトリにインストールされます。たとえば、インストーラファイル mysql-5.6-osx10.8-x86_64.dmg は、MySQL を /usr/local/mysql-5.6-osx10.8-x86_64/ にインストールします。次の表は、インストールディレクトリのレイアウトを示しています。

表 2.5 OS X 上での MySQL のインストールレイアウト

ディレクトリ ディレクトリの内容
bin クライアントプログラムおよび mysqld サーバー
data ログファイル、データベース
docs リリースノートおよびビルド情報などのヘルパードキュメント
include インクルード (ヘッダー) ファイル
lib ライブラリ
man Unix マニュアルページ
mysql-test MySQL テスト項目
scripts mysql_install_db
share エラーメッセージ、サンプル構成ファイル、データベースインストールのための SQL を含む種々のサポートファイル
sql-bench ベンチマーク
support-files スクリプトとサンプル構成ファイル
/tmp/mysql.sock MySQL Unix ソケットの場所

Package Installer のプロセス中に、/usr/local/mysql から、インストール中に作成されたバージョン/プラットフォーム固有のディレクトリへのシンボリックリンクが自動的に作成されます。

  1. MySQL Package Installer をダウンロードして開きます。これは、メインの MySQL インストールパッケージファイルを含むディスクイメージ (.dmg) にあります。ディスクイメージをダブルクリックして開きます。

    図 2.40 MySQL Package Installer: DMG のコンテンツ

    MySQL Package Installer: DMG のコンテンツ

  2. MySQL Installer パッケージをダブルクリックします。ダウンロードした MySQL のバージョンに従って命名されます。たとえば、MySQL Server 5.6.23 をダウンロードした場合は、mysql-5.6.23-osx-10.8-x86_64.pkg をダブルクリックします。

  3. インストーラのオープニングダイアログが表示されます。「Continue」をクリックしてインストールを開始します。

    図 2.41 MySQL Package Installer: Introduction

    MySQL Package Installer: Introduction

  4. MySQL のコミュニティーバージョンをダウンロードした場合は、関連する GNU General Public License のコピーが表示されます。「Continue」「Agree」の順にクリックして続行します。

  5. 「Installation Type」ページから、「Install」をクリックしてすべてデフォルトを使用してインストールウィザードを実行するか、「Customize」をクリックしてインストールするコンポーネントを変更するか (MySQL Server、Startup Item、Preference Pane は、デフォルトではすべて有効です)、または「Change Installation Location」をクリックして、インストールのタイプをすべてのユーザー、インストーラを実行しているユーザーのみ、またはカスタム場所の定義に変更できます。

    図 2.42 MySQL Package Installer: Installation Type

    MySQL Package Installer: Installation Type

    図 2.43 MySQL Package Installer: Destination Select (インストール場所の変更)

    MySQL Package Installer: Destination Select (インストール場所の変更)

    図 2.44 MySQL Package Installer: カスタマイズ

    MySQL Package Installer: カスタマイズ

  6. 「Install」をクリックしてインストールプロセスを開始します。

  7. インストールが正常に完了すると、「Install Succeeded」メッセージが短いサマリーとともに表示されます。ここで、ウィザードを「Close」して MySQL Server の使用を開始します。

    図 2.45 MySQL Package Installer: Summary

    MySQL Package Installer: Summary

利便性のため、起動デーモンと Preference Pane をインストールしてもよいでしょう。セクション2.4.3「MySQL 起動デーモンのインストール」セクション2.4.5「MySQL Preference Pane のインストールと使用」を参照してください。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.