Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


8.3.2 主キーの使用

テーブルの主キーは、もっとも重要なクエリーで使用するカラムやカラムのセットを表します。それには、高速のクエリーパフォーマンスのため、インデックスが関連付けられます。それには NULL 値を含めることができないため、クエリーパフォーマンスは NOT NULL 最適化からメリットが得られます。InnoDB ストレージエンジンによって、テーブルデータが、主キーカラムに基づいて、超高速ルックアップおよびソートを実行するように物理的に編成されます。

テーブルが大きく、重要でも、主キーとして使用する明確なカラムやカラムのセットがない場合は、自動インクリメント値で個別のカラムを作成して、主キーとして使用できます。これらの一意の ID は、外部キーを使用してテーブルを結合する場合に、ほかのテーブル内の対応する行へのポインタとして使用できます。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.