Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


23.8.11.1 mysql_stmt_affected_rows()

my_ulonglong mysql_stmt_affected_rows(MYSQL_STMT *stmt)

説明

mysql_stmt_affected_rows() は、mysql_stmt_execute() によるステートメントの実行直後に呼び出すことができます。それはプリペアドステートメントを除けば mysql_affected_rows() に似ています。この関数によって返される影響を受ける行の値の説明については、セクション23.8.7.1「mysql_affected_rows()」を参照してください。

エラー

なし。

セクション23.8.11.10「mysql_stmt_execute()」の例を参照してください。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.