Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


23.8.11.1 mysql_stmt_affected_rows()

my_ulonglong mysql_stmt_affected_rows(MYSQL_STMT *stmt)

説明

mysql_stmt_affected_rows() は、mysql_stmt_execute() によるステートメントの実行直後に呼び出すことができます。それはプリペアドステートメントを除けば mysql_affected_rows() に似ています。この関数によって返される影響を受ける行の値の説明については、セクション23.8.7.1「mysql_affected_rows()」を参照してください。

エラー

なし。

セクション23.8.11.10「mysql_stmt_execute()」の例を参照してください。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.