Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  mysql_find_rows — ファイルからの SQL ステートメントの抽出

4.6.12 mysql_find_rows — ファイルからの SQL ステートメントの抽出

注記

このユーティリティーは MySQL 5.6.17 で非推奨で、MySQL 5.7 で削除されます。

mysql_find_rows は、SQL ステートメントを含むファイルを読み取り、指定された正規表現に一致するステートメント、または USE db_nameSET ステートメントを含むステートメントを抽出します。このユーティリティーは、ステートメントがセミコロン (;) 文字で終了することを想定しています。

mysql_find_rows は次のように起動します。

shell> mysql_find_rows [options] [file_name ...]

file_name 引数は SQL ステートメントを含むファイル名であるべきです。ファイル名が指定されない場合、mysql_find_rows は標準入力を読み取ります。

例:

mysql_find_rows --regexp=problem_table --rows=20 < update.log
mysql_find_rows --regexp=problem_table  update-log.1 update-log.2

mysql_find_rows は次のオプションをサポートします。

  • --help, --Information

    ヘルプメッセージを表示して終了します。

  • --regexp=pattern

    パターンに一致するクエリーを表示します。

  • --rows=N

    N 個のクエリーを表示したあと終了します。

  • --skip-use-db

    出力に USE db_name ステートメントを含めません。

  • --start_row=N

    この行から出力を開始します。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.