Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  mysql_find_rows — ファイルからの SQL ステートメントの抽出

4.6.12 mysql_find_rows — ファイルからの SQL ステートメントの抽出

注記

このユーティリティーは MySQL 5.6.17 で非推奨で、MySQL 5.7 で削除されます。

mysql_find_rows は、SQL ステートメントを含むファイルを読み取り、指定された正規表現に一致するステートメント、または USE db_nameSET ステートメントを含むステートメントを抽出します。このユーティリティーは、ステートメントがセミコロン (;) 文字で終了することを想定しています。

mysql_find_rows は次のように起動します。

shell> mysql_find_rows [options] [file_name ...]

file_name 引数は SQL ステートメントを含むファイル名であるべきです。ファイル名が指定されない場合、mysql_find_rows は標準入力を読み取ります。

例:

mysql_find_rows --regexp=problem_table --rows=20 < update.log
mysql_find_rows --regexp=problem_table  update-log.1 update-log.2

mysql_find_rows は次のオプションをサポートします。

  • --help, --Information

    ヘルプメッセージを表示して終了します。

  • --regexp=pattern

    パターンに一致するクエリーを表示します。

  • --rows=N

    N 個のクエリーを表示したあと終了します。

  • --skip-use-db

    出力に USE db_name ステートメントを含めません。

  • --start_row=N

    この行から出力を開始します。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.