Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.1Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


23.8.7.17 mysql_fetch_field()

MYSQL_FIELD *mysql_fetch_field(MYSQL_RES *result)

説明

MYSQL_FIELD 構造として設定された結果セットの 1 つのカラムの定義を返します。この関数を繰り返し呼び出して、結果セット内のすべてのカラムに関する情報を取得します。それ以上残っているフィールドがなくなると、mysql_fetch_field()NULL を返します。

新しい SELECT クエリーを実行するたびに、mysql_fetch_field() はリセットされて、最初のフィールドに関する情報を返します。mysql_fetch_field() によって返されるフィールドは、mysql_field_seek() への呼び出しによっても影響を受けます。

mysql_query() を呼び出して、テーブルに対する SELECT を実行したが、mysql_store_result() を呼び出さなかった場合、mysql_fetch_field() を呼び出して、BLOB フィールドの長さを求めると、MySQL はデフォルト BLOB の長さ (8K バイト) を返します。(MySQL は BLOB の最大長を知らないため、8K バイトのサイズが選択されます。これはいずれ構成可能にされます。)結果セットを取得したら、field->max_length には、特定のクエリー内のこのカラムの最大値の長さが格納されます。

戻り値

現在のカラムの MYSQL_FIELD 構造。カラムが残っていない場合は NULL

エラー

なし。

MYSQL_FIELD *field;

while((field = mysql_fetch_field(result)))
{
    printf("field name %s\n", field->name);
}

User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.