Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


23.8.7.14 mysql_errno()

unsigned int mysql_errno(MYSQL *mysql)

説明

mysql で指定された接続に対し、mysql_errno() は、成功したか失敗した可能性のある最近呼び出された API 関数のエラーコードを返します。ゼロの戻り値はエラーが発生しなかったことを意味します。クライアントのエラーメッセージ番号は、MySQL errmsg.h ヘッダーファイルに一覧表示されています。サーバーのエラーメッセージ番号は、mysqld_error.h に一覧表示されています。エラーは付録B「エラー、エラーコード、および一般的な問題にも一覧表示しています。

mysql_fetch_row() のような一部の関数は成功した場合に、mysql_errno() を設定しません。

原則として、サーバーに情報を求める必要があるすべての関数は、成功した場合に mysql_errno() をリセットします。

mysql_errno() によって返される MySQL 固有のエラー番号は、mysql_sqlstate() によって返される SQLSTATE 値とは異なります。たとえば、mysql クライアントプログラムは、次の形式を使用してエラーを表示します。ここで、1146mysql_errno() 値で、'42S02' は対応する mysql_sqlstate() 値です。

shell> SELECT * FROM no_such_table;
ERROR 1146 (42S02): Table 'test.no_such_table' doesn't exist
戻り値

最後の mysql_xxx() 呼び出しが失敗した場合は、そのエラーコード値。ゼロはエラーが発生しなかったことを意味します。

エラー

なし。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.