Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  INFORMATION_SCHEMA INNODB_SYS_TABLESTATS ビュー

21.29.13 INFORMATION_SCHEMA INNODB_SYS_TABLESTATS ビュー

INNODB_SYS_TABLESTATS は、InnoDB テーブルに関する低レベルのステータス情報のビューを提供します。このデータは、InnoDB テーブルのクエリー時に使用するインデックスを計算するために MySQL オプティマイザによって使用されます。この情報は、ディスクに格納されるデータに従うのではなく、インメモリーデータ構造から派生されます。対応する内部 InnoDB システムテーブルはありません。

InnoDB テーブルは、最後にサーバーを再起動してから開かれており、テーブルキャッシュから削除されていない場合、このビューに表示されます。永続的統計を利用できるテーブルは、このビューに常に表示されます。

関連する使用法と使用例については、セクション14.14.3「InnoDB INFORMATION_SCHEMA システムテーブル」を参照してください。

表 21.14 INNODB_SYS_TABLESTATS のカラム

カラム名 説明
TABLE_ID 統計を利用できるテーブルを表す識別子。INNODB_SYS_TABLES.TABLE_ID と同じ値を使用します。
NAME テーブルの名前。INNODB_SYS_TABLES.NAME と同じ値を使用します。
STATS_INITIALIZED 値は、統計がすでに収集されている場合は Initialized で、収集されていない場合は Uninitialized です。
NUM_ROWS 現在の推定されるテーブル内の行数。それぞれの DML 操作後に更新されます。コミットされていないトランザクションがテーブルに挿入されたり、テーブルから削除されたりする場合、正確ではなくなることがあります。
CLUST_INDEX_SIZE クラスタ化されたインデックスを格納するディスク上のページ数。主キー順に InnoDB テーブルデータを保持します。この値は、テーブルの統計がまだ収集されていない場合は NULL になることがあります。
OTHER_INDEX_SIZE テーブルに関するすべてのセカンダリインデックスを格納する、ディスク上のページの数。この値は、テーブルの統計がまだ収集されていない場合は NULL になることがあります。
MODIFIED_COUNTER INSERTUPDATEDELETE などの DML 操作と外部キーのカスケード操作によって変更された行の数。このカラムは、テーブル統計が再計算されるごとにリセットされます。
AUTOINC すべての自動インクリメントベースの操作で発行される次の番号。AUTOINC 値の変更ペースは、自動インクリメント番号が要求された回数と、要求ごとに認められる番号の数に応じて異なります。
REF_COUNT このカウンタがゼロになると、テーブルメタデータをテーブルキャッシュから削除できます。

:

mysql> SELECT * FROM INFORMATION_SCHEMA.INNODB_SYS_TABLESTATS where TABLE_ID = 71 \G
*************************** 1. row ***************************
         TABLE_ID: 71
             NAME: test/t1
STATS_INITIALIZED: Initialized
         NUM_ROWS: 1
 CLUST_INDEX_SIZE: 1
 OTHER_INDEX_SIZE: 0
 MODIFIED_COUNTER: 1
          AUTOINC: 0
        REF_COUNT: 1
1 row in set (0.00 sec)

:

  • このテーブルは、主に、専門家レベルのパフォーマンスモニタリングや、MySQL のパフォーマンス関連の拡張を開発するときに役立ちます。

  • DESCRIBE または SHOW COLUMNS を使用して、データ型とデフォルト値を含む、このテーブルのカラムに関する追加情報を表示します。

  • このテーブルをクエリーするには PROCESS 権限が必要です。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.