Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  InnoDB スピンループでの PAUSE 命令の使用

14.13.9 InnoDB スピンループでの PAUSE 命令の使用

InnoDB 内部の同期には、スピンループがよく使用されます。InnoDB は待機中に、InnoDB プロセススレッドがオペレーティングシステムによって再スケジュールされないように、命令の緊密なループを繰り返し実行します。スピンループの実行が速すぎると、システムリソースが浪費され、それによってトランザクションスループットのパフォーマンスが低下します。最新のプロセッサは、スピンループで使用する PAUSE 命令を実装しているため、プロセッサをより効率的にすることができます。

InnoDB は、このような命令が使用可能なすべてのプラットフォーム上のスピンループで PAUSE 命令を使用します。この手法により、CPU に依存するワークロードの全体的なパフォーマンスが向上するだけでなく、スピンループの実行中の消費電力が最小限に抑えられるという利点も追加されます。

このパフォーマンス向上を利用するために何もする必要はありません。

InnoDB のロック操作に関するパフォーマンスの考慮事項については、セクション8.10「ロック操作の最適化」を参照してください。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.