Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


14.18.3.3 InnoDB および memcached 設定の検証

すべてのセットアップが完了したので、InnoDB と memcached の組み合わせについて実験できます。

Unix、Linux、または OS X コマンドシェル使用した例を示します。

# Point memcached-related commands at the memcached attached to the mysqld process.
export MEMCACHED_SERVERS=127.0.0.1:11211
# Store the contents of a modestly sized text file in memcached, with the data passed
# to MySQL and stored in a table. The key is the basename of the file, 'mime.types'.
memcp /etc/apache2/mime.types
# Retrieve the data we just stored, from the memory cache.
memcat mime.types

telnet を使用して memcached コマンドを送信し、ASCII プロトコルを介して結果を受け取る例を示します。

telnet 127.0.0.1 11211
set a11 10 0 9
123456789
STORED
get a11
VALUE a11 0 9
123456789
END
quit

すべての同じデータが MySQL に格納されたことを確認するには、MySQL Server に接続して次のコマンドを発行します。

mysql> select * from test.demo_test;

ここで MySQL Server をシャットダウンすると、統合済みの memcached サーバーも停止します。さらに memcached データにアクセスしようとすると、今度は接続エラーで失敗します。通常であれば、memcached データはこの時点で消失し、memcached の再起動時にデータをメモリーにロードするようアプリケーションロジックを記述します。ただし、MySQL と memcached の統合により、このプロセスが自動化されます。

  • MySQL Server を再起動します。

  • install plugin ステートメントを実行して InnoDB memcached プラグインを再起動します。

  • ここで、すべての memcat コマンドまたは get 操作により、以前の memcached セッションで格納されていたキー/値のペアがふたたび戻されます。キーのリクエスト時、関連付けられた値がメモリーキャッシュにまだ存在しない場合、MySQL テーブル (デフォルトでは test.demo_test) から自動的にクエリーされます。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
  Posted by Alex Nazaruk on July 1, 2014
you need to set up SELINUX to permissive because it will give you error: bind(): Permission denied, failed to listen on TCP port 11211: Permission denied

vi /etc/selinux/config
SELINUX=permissive

Centos, Redhat
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.