Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.9Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  INFORMATION_SCHEMA INNODB_FT_BEING_DELETED テーブル

21.29.25 INFORMATION_SCHEMA INNODB_FT_BEING_DELETED テーブル

INNODB_FT_BEING_DELETED テーブルは、OPTIMIZE TABLE の保守操作中にのみ使用される INNODB_FT_DELETED テーブルのスナップショットです。OPTIMIZE TABLE が実行されると、INNODB_FT_BEING_DELETED テーブルは空になり、INNODB_FT_DELETED テーブルから DOC_ID が削除されます。INNODB_FT_BEING_DELETED の内容は一般に有効期間が短いため、モニタリングやデバッグでのこのテーブルの有用性はかぎられます。FULLTEXT インデックスを持つテーブルでの OPTIMIZE TABLE の実行の詳細は、セクション12.9.6「MySQL の全文検索の微調整」を参照してください。

このテーブルは最初から、構成変数 innodb_ft_aux_table の値を設定するまで空です。出力は、INNODB_FT_DELETED テーブルに対して用意された出力例に似ています。

関連する使用法と使用例については、セクション14.14.4「InnoDB INFORMATION_SCHEMA FULLTEXT インデックステーブル」を参照してください。

表 21.27 INNODB_FT_BEING_DELETED のカラム

カラム名 説明
DOC_ID 削除されている過程にある行のドキュメント ID。この値は、ベースとなるテーブルに対して定義した ID カラムの値を反映することも、テーブルに適切なカラムが含まれないときに InnoDB によって生成されたシーケンス値にすることもできます。削除された行のデータが OPTIMIZE TABLE ステートメントによって FULLTEXT インデックスから物理的に削除される前にテキスト検索を行う場合、この値は innodb_ft_index_table テーブルの行をスキップするために使用されます。詳細は、InnoDB 全文インデックスの最適化を参照してください。

: