Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


14.8.1 ファイル形式の有効化

innodb_file_format 構成パラメータは、新しい InnoDB テーブルに使用するファイル形式を定義します。このパラメータは、独自のテーブルスペースを持つテーブルにのみ適用できるため、innodb_file_per_table を有効にする必要があります。

innodb_file_format パラメータは現在、Antelope および Barracuda ファイル形式をサポートしています。テーブル圧縮や新しい DYNAMIC 行フォーマットなどの、Barracuda ファイル形式によってサポートされる機能を利用する新しいテーブルを作成するには、innodb_file_formatBARRACUDA に設定します。

MySQL 5.1 以前のリリースで組み込み InnoDB がデータベースにアクセスできなくなるような、Barracuda ファイル形式によってサポートされる新機能の使用を除外するには、innodb_file_format を省略するか、またはそれを Antelope に設定します。

innodb_file_format の値は、mysqld の起動時にコマンド行で設定するか、あるいはオプションファイル my.cnf (Unix オペレーティングシステム) または my.ini (Windows) で設定できます。また、SET GLOBAL ステートメントで動的に変更することもできます。

mysql> SET GLOBAL innodb_file_format=BARRACUDA;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

可能な場合、新しいテーブルには Barracuda 形式を使用することをお勧めしますが、MySQL 5.5 では、異なる MySQL リリースを含むレプリケーション構成との最大限の互換性のために、デフォルトのファイル形式は引き続き Antelope です。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.