Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  InnoDB ストレージエンジン  /  InnoDB の概念とアーキテクチャー

14.2 InnoDB の概念とアーキテクチャー

このセクションの情報では、InnoDB テーブルを使用することで大部分のパフォーマンスおよび機能を取得する際に役立つバックグラウンドが提供されます。対象者は次のとおりです。

  • 使い慣れていると思われる機能と、まったく新しい機能を説明するために、別のデータベースシステムから MySQL に切り替えている任意のユーザー。

  • InnoDB がデフォルトの MySQL ストレージエンジンになったために、MyISAM テーブルから InnoDB に移行している任意のユーザー。

  • InnoDB テーブルの設計上の考慮事項、パフォーマンスの特性、および拡張性を詳細なレベルで理解するために、アプリケーションアーキテクチャーまたはソフトウェアスタックを検討している任意のユーザー。

このセクションでは、次のことを学習します。

  • どのくらい厳密に InnoDBACID の原則に準拠しているのか。

  • どのように InnoDBトランザクションを実装するのか、およびどのようにトランザクションの内部動作と、使い慣れているその他のデータベースシステムを比較するのか。

  • どのように InnoDB が、クエリーおよび DML ステートメントが同じテーブルの読み取りと書き込みを同時に実行できる行レベルロックを実装するのか。

  • マルチバージョン並列処理制御 (MVCC) によって、適切な時間になる前にトランザクションがその他の各データを表示または変更することがどのように回避されるのか。

  • ディスク上の InnoDB 関連のオブジェクト (テーブルインデックステーブルスペースUndo ログ、および Redo ログ) の物理レイアウト。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.