Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  INFORMATION_SCHEMA INNODB_CMP_PER_INDEX および INNODB_CMP_PER_INDEX_RESET テーブル

21.29.2 INFORMATION_SCHEMA INNODB_CMP_PER_INDEX および INNODB_CMP_PER_INDEX_RESET テーブル

INNODB_CMP_PER_INDEX および INNODB_CMP_PER_INDEX_RESET テーブルには、圧縮 InnoDB テーブルおよびインデックスに関連した操作に関するステータス情報と、データベース、テーブル、およびインデックスの組み合わせごとの統計が含まれており、特定のテーブルの圧縮のパフォーマンスと有用性を評価する場合に役立ちます。

圧縮 InnoDB テーブルについては、テーブルデータとすべてのセカンダリインデックスの両方が圧縮されます。このコンテキストでは、テーブルデータは、単なる別のインデックス、たまたますべてのカラムが含まれているインデックス (クラスタ化されたインデックス) として扱われます。

表 21.2 INNODB_CMP_PER_INDEX および INNODB_CMP_PER_INDEX_RESET のカラム

カラム名 説明
DATABASE_NAME 適用可能なテーブルを含むデータベース。
TABLE_NAME 圧縮統計についてモニターするテーブル。
INDEX_NAME 圧縮統計についてモニターするインデックス。
COMPRESS_OPS 圧縮操作の試行回数。空のページが作成されたり、非圧縮変更ログ用の領域が不足したりするたびに、ページが圧縮されます。
COMPRESS_OPS_OK 成功した圧縮操作の数。COMPRESS_OPS 値から引き算すると、圧縮の失敗の回数が求められます。COMPRESS_OPS 値で割り算すると、圧縮の失敗の割合が求められます。
COMPRESS_TIME このインデックスのデータの圧縮に使用された CPU 使用時間の合計 (秒単位)。
UNCOMPRESS_OPS 実行された圧縮解除操作の回数。圧縮 InnoDB ページは、圧縮が失敗した場合はいつでも圧縮解除されます。または、バッファープールにおいてはじめて圧縮ページへのアクセスがあり、圧縮解除されたページが存在しないときに圧縮解除されます。
UNCOMPRESS_TIME このインデックスのデータの圧縮解除に使用された CPU 使用時間の合計 (秒単位)。

:

mysql> SELECT * FROM INFORMATION_SCHEMA.INNODB_CMP_PER_INDEX \G
*************************** 1. row ***************************
  database_name: employees
     table_name: salaries
     index_name: PRIMARY
   compress_ops: 0
compress_ops_ok: 0
  compress_time: 0
 uncompress_ops: 23451
uncompress_time: 4
*************************** 2. row ***************************
  database_name: employees
     table_name: salaries
     index_name: emp_no
   compress_ops: 0
compress_ops_ok: 0
  compress_time: 0
 uncompress_ops: 1597
uncompress_time: 0
2 rows in set (0.00 sec)

:

  • これらのテーブルを使用して、特定のテーブルまたはインデックス、あるいはその両方について InnoDB テーブル圧縮の有効性を測定します。

  • DESCRIBE または SHOW COLUMNS を使用すると、データ型とデフォルト値を含む、これらのテーブルのカラムに関する追加情報を表示できます。

  • これらのテーブルをクエリーするには PROCESS 権限が必要です。

  • すべてのインデックスで個別に測定値を収集すると、大幅なパフォーマンスオーバーヘッドが発生するので、デフォルトでは INNODB_CMP_PER_INDEX および INNODB_CMP_PER_INDEX_RESET 統計は収集されません。モニターする圧縮テーブルで操作を実行する前に、innodb_cmp_per_index_enabled 構成オプションを有効にする必要があります。

  • 使用法については、セクション14.7.4「実行時の圧縮のモニタリング」およびセクション14.14.1.3「圧縮情報スキーマテーブルの使用」を参照してください。InnoDB テーブルの圧縮に関する一般情報については、セクション14.7「InnoDB 圧縮テーブル」を参照してください。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.