Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


16.6.4 memcached の統計の取得

memcached システムには、キャッシュに格納されるデータに関する情報、キャッシュヒット率、および個々の項目を格納するために使用されるスラブ割り当てを介したメモリーの使用状況と情報の分布に関する詳細情報を収集する統計システムが組み込まれています。統計は、主要な統計を提供する基本レベルと、memcached サーバーの特定の分野に関するより具体的な統計の両方が提供されます。

これらの情報は、キャッシュとメモリーの使用状況を正しいレベルで取得し、スラブ割り当てと構成プロパティーが最適なレベルで設定されていることを確認するのに役立ちます。

統計インタフェースは標準の memcached プロトコルを介して使用できるため、telnet を使用して memcached に接続してレポートにアクセスできます。付属の memcached-tool には、セクション16.6.4.2「memcached のスラブ統計」およびセクション16.6.4.1「memcached の一般統計」の情報を取得するためのサポートが含まれています。詳細については、セクション16.6.4.6「memcached-tool の使用」を参照してください。

また、ほとんどの言語 API インタフェースに、サーバーから統計を取得するための関数が用意されています。

たとえば、telnet を使用して基本統計を取得するには:

shell> telnet localhost 11211
Trying ::1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
stats
STAT pid 23599
STAT uptime 675
STAT time 1211439587
STAT version 1.2.5
STAT pointer_size 32
STAT rusage_user 1.404992
STAT rusage_system 4.694685
STAT curr_items 32
STAT total_items 56361
STAT bytes 2642
STAT curr_connections 53
STAT total_connections 438
STAT connection_structures 55
STAT cmd_get 113482
STAT cmd_set 80519
STAT get_hits 78926
STAT get_misses 34556
STAT evictions 0
STAT bytes_read 6379783
STAT bytes_written 4860179
STAT limit_maxbytes 67108864
STAT threads 1
END

Perl と Cache::Memcached モジュールを使用するときは、stats() 関数によって、接続オブジェクト内に現在構成されているサーバーに関する情報と memcached サーバーの全体的な統計が返されます。

たとえば、次の Perl スクリプトは統計を取得し、返されたハッシュ参照をダンプします。

use Cache::Memcached;
use Data::Dumper;

my $memc = new Cache::Memcached;
$memc->set_servers(\@ARGV);

print Dumper($memc->stats());

前の Telnet の例で使用したのと同じ memcached に対して実行すると、ホスト単位の統計と全体的な統計を含むハッシュ参照が得られます。

$VAR1 = {
    'hosts' => {
           'localhost:11211' => {
                      'misc' => {
                            'bytes' => '2421',
                            'curr_connections' => '3',
                            'connection_structures' => '56',
                            'pointer_size' => '32',
                            'time' => '1211440166',
                            'total_items' => '410956',
                            'cmd_set' => '588167',
                            'bytes_written' => '35715151',
                            'evictions' => '0',
                            'curr_items' => '31',
                            'pid' => '23599',
                            'limit_maxbytes' => '67108864',
                            'uptime' => '1254',
                            'rusage_user' => '9.857805',
                            'cmd_get' => '838451',
                            'rusage_system' => '34.096988',
                            'version' => '1.2.5',
                            'get_hits' => '581511',
                            'bytes_read' => '46665716',
                            'threads' => '1',
                            'total_connections' => '3104',
                            'get_misses' => '256940'
                          },
                      'sizes' => {
                             '128' => '16',
                             '64' => '15'
                           }
                    }
         },
    'self' => {},
    'total' => {
           'cmd_get' => 838451,
           'bytes' => 2421,
           'get_hits' => 581511,
           'connection_structures' => 56,
           'bytes_read' => 46665716,
           'total_items' => 410956,
           'total_connections' => 3104,
           'cmd_set' => 588167,
           'bytes_written' => 35715151,
           'curr_items' => 31,
           'get_misses' => 256940
         }
        };

統計はいくつかの異なるセクションに分かれており、stats コマンドにタイプを追加して要求できます。個々の統計出力については、次のセクションで詳しく説明します。