Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.8Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  グローバリゼーション

第 10 章 グローバリゼーション

目次

10.1 文字セットのサポート
10.1.1 一般の文字セットおよび照合順序
10.1.2 MySQL での文字セットと照合順序
10.1.3 文字セットと照合順序の指定
10.1.4 接続文字セットおよび照合順序
10.1.5 アプリケーションの文字セットおよび照合順序の構成
10.1.6 エラーメッセージの文字セット
10.1.7 照合順序の問題
10.1.8 文字列のレパートリー
10.1.9 文字セットのサポートによる影響を受ける演算
10.1.10 Unicode のサポート
10.1.11 以前の Unicode サポートから現在の Unicode サポートへのアップグレード
10.1.12 メタデータ用の UTF-8
10.1.13 カラム文字セットの変換
10.1.14 MySQL でサポートされる文字セットと照合順序
10.2 エラーメッセージ言語の設定
10.3 文字セットの追加
10.3.1 文字定義配列
10.3.2 複雑な文字セットの文字列照合のサポート
10.3.3 複雑な文字セットのマルチバイト文字のサポート
10.4 文字セットへの照合順序の追加
10.4.1 照合順序の実装タイプ
10.4.2 照合順序 ID の選択
10.4.3 8 ビットの文字セットへの単純な照合順序の追加
10.4.4 Unicode 文字セットへの UCA 照合順序の追加
10.5 文字セットの構成
10.6 MySQL Server でのタイムゾーンのサポート
10.6.1 タイムゾーンの変更による現在の時間の維持
10.6.2 タイムゾーンのうるう秒のサポート
10.7 MySQL Server のロケールサポート

この章では、国際化 (各地域での使用に対応するための MySQL の機能) とローカライズ (特定の地域的な規則の選択) を含む、次のようなグローバリゼーションの問題を取り上げます。

  • SQL ステートメント内の文字セットに対する MySQL でのサポート。

  • さまざまな文字セットをサポートするようにサーバーを構成する方法。

  • エラーメッセージの言語の選択。

  • サーバーのタイムゾーンを設定し、接続ごとのタイムゾーンをサポートできるようにする方法。

  • 曜日と月の名前に使用するロケールの選択。