Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.9Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


22.9.4.2 events_waits_history テーブル

events_waits_history テーブルには、スレッドごとの最新の N 待機イベントが格納されます。N の値はサーバー起動時に自動サイズ設定されます。テーブルサイズを明示的に設定するには、サーバー起動時に performance_schema_events_waits_history_size システム変数を設定します。待機イベントはそれらが終了するまでテーブルに追加されません。新しいイベントが追加されたときに、テーブルがいっぱいである場合、古いイベントが破棄されます。

events_waits_history テーブルは events_waits_current と同じ構造を持ちます。セクション22.9.4.1「events_waits_current テーブル」を参照してください。

events_waits_history テーブルは TRUNCATE TABLE で切り捨てることができます。

待機イベント収集の構成については、セクション22.9.4「パフォーマンススキーマ待機イベントテーブル」を参照してください。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.