Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


22.9.6.1 events_statements_current テーブル

events_statements_current テーブルには、スレッドの最新のモニター対象ステートメントイベントの現在のステータスを示す、スレッドごとに 1 行で現在のステートメントイベントが格納されます。

events_statements_current テーブルは TRUNCATE TABLE で切り捨てることができます。

ステートメントイベント行を格納するテーブルのうち、events_statements_current はもっとも基本的です。ステートメントイベント行を格納するほかのテーブルは論理的に現在のイベントから派生します。たとえば、events_statements_history および events_statements_history_long テーブルは固定の行数以下の最新のステートメントイベントのコレクションです。

ステートメントイベント収集の構成については、セクション22.9.6「パフォーマンススキーマステートメントイベントテーブル」を参照してください。

events_statements_current テーブルにはこれらのカラムがあります。

  • THREAD_IDEVENT_ID

    イベントに関連付けられたスレッドとイベントの起動時のスレッドの現在のイベント番号。一緒に取得された THREAD_ID および EVENT_ID 値は、行を一意に識別する主キーを形成します。2 つの行が同じ値のペアを持つことはありません。

  • END_EVENT_ID

    このカラムは、イベントの起動時に NULL に設定され、イベントの終了時にスレッドの現在のイベント番号に更新されます。このカラムは、MySQL 5.6.4 で追加されました。

  • EVENT_NAME

    イベントが収集されたインストゥルメントの名前。これは setup_instruments テーブルからの NAME 値です。セクション22.4「パフォーマンススキーマインストゥルメント命名規則」に説明するように、インストゥルメント名には複数の部分があり、階層を形成することがあります。

    SQL ステートメントの場合、ステートメントが解析されるまで、EVENT_NAME 値は最初 statement/com/Query であり、その後セクション22.9.6「パフォーマンススキーマステートメントイベントテーブル」に説明するように、より適切な値に変更されます。

  • SOURCE

    イベントを生成した、インストゥルメントされたコードを格納するソースファイルの名前と、インストゥルメンテーションが行われたファイルの行番号。これにより、ソースをチェックして、コードに含まれるものを正確に判断することができます。

  • TIMER_STARTTIMER_ENDTIMER_WAIT

    イベントのタイミング情報。これらの値の単位はピコ秒 (秒の 1 兆分の 1) です。TIMER_START および TIMER_END 値は、イベントのタイミングが開始されたときと終了したときを示します。TIMER_WAIT はイベントの経過時間 (期間) です。

    イベントが終了していない場合、TIMER_ENDTIMER_WAITNULL です。

    イベントが TIMED = NO のインストゥルメントから生成されている場合、タイミング情報は収集されず、TIMER_STARTTIMER_END、および TIMER_WAIT はすべて NULL になります。

    イベント時間の単位としてのピコ秒および時間値に影響する要因については、セクション22.2.3.1「パフォーマンススキーマイベントタイミング」を参照してください。

  • LOCK_TIME

    テーブルロックの待機に費やされた時間。この値はマイクロ秒で計算されますが、ほかのパフォーマンススキーマタイマーとの比較を容易にするため、ピコ秒に正規化されます。

  • SQL_TEXT

    SQL ステートメントのテキスト。SQL ステートメントに関連付けられていないコマンドの場合、値は NULL です。

  • DIGEST

    32 個の 16 進文字の文字列としてのステートメントダイジェスト MD5 値または statement_digest コンシューマが no の場合は NULL。ステートメントダイジェストの詳細については、セクション22.7「パフォーマンススキーマステートメントダイジェスト」を参照してください。このカラムは、MySQL 5.6.5 で追加されました。

  • DIGEST_TEXT

    正規化されたステートメントダイジェストテキストまたは statement_digest コンシューマが no の場合は NULL。ステートメントダイジェストの詳細については、セクション22.7「パフォーマンススキーマステートメントダイジェスト」を参照してください。このカラムは、MySQL 5.6.5 で追加されました。

  • CURRENT_SCHEMA

    ステートメントのデフォルトのデータベース、何もない場合は NULL

  • OBJECT_SCHEMAOBJECT_NAMEOBJECT_TYPE

    予約済み。現在は NULL

  • OBJECT_INSTANCE_BEGIN

    このカラムはステートメントを識別します。この値はメモリー内のオブジェクトのアドレスです。

  • MYSQL_ERRNO

    ステートメント診断領域からのステートメントエラー番号。

  • RETURNED_SQLSTATE

    ステートメント診断領域からのステートメント SQLSTATE 値。

  • MESSAGE_TEXT

    ステートメント診断領域からのステートメントエラーメッセージ。

  • ERRORS

    ステートメントにエラーが発生したかどうか。SQLSTATE 値が 00 (完了) または 01 (警告) から始まる場合、値は 0 です。SQLSTATE 値がほかの値の場合、値は 1 です。

  • WARNINGS

    ステートメント診断領域からの警告数。

  • ROWS_AFFECTED

    ステートメントに影響を受けた行数。影響を受けたの意味については、セクション23.8.7.1「mysql_affected_rows()」を参照してください。

  • ROWS_SENT

    ステートメントから返された行数。

  • ROWS_EXAMINED

    ステートメント実行中にストレージエンジンから読み取られた行数。

  • CREATED_TMP_DISK_TABLES

    Created_tmp_disk_tables ステータス変数と同様ですが、ステートメントに固有です。

  • CREATED_TMP_TABLES

    Created_tmp_tables ステータス変数と同様ですが、ステートメントに固有です。

  • SELECT_FULL_JOIN

    Select_full_join ステータス変数と同様ですが、ステートメントに固有です。

  • SELECT_FULL_RANGE_JOIN

    Select_full_range_join ステータス変数と同様ですが、ステートメントに固有です。

  • SELECT_RANGE

    Select_range ステータス変数と同様ですが、ステートメントに固有です。

  • SELECT_RANGE_CHECK

    Select_range_check ステータス変数と同様ですが、ステートメントに固有です。

  • SELECT_SCAN

    Select_scan ステータス変数と同様ですが、ステートメントに固有です。

  • SORT_MERGE_PASSES

    Sort_merge_passes ステータス変数と同様ですが、ステートメントに固有です。

  • SORT_RANGE

    Sort_range ステータス変数と同様ですが、ステートメントに固有です。

  • SORT_ROWS

    Sort_rows ステータス変数と同様ですが、ステートメントに固有です。

  • SORT_SCAN

    Sort_scan ステータス変数と同様ですが、ステートメントに固有です。

  • NO_INDEX_USED

    ステートメントがインデックスを使用せずにテーブルスキャンを実行した場合は 1、そうでない場合は 0。

  • NO_GOOD_INDEX_USED

    サーバーがステートメントに使用する適切なインデックスを見つけられなかった場合は 1、そうでない場合は 0。追加の情報については、セクション8.8.2「EXPLAIN 出力フォーマット」で、EXPLAIN 出力の Extra カラムの Range checked for each record 値の説明を参照してください。

  • NESTING_EVENT_IDNESTING_EVENT_TYPE

    予約済み。現在は NULL

events_statements_current テーブルは MySQL 5.6.3 で追加されました。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.