Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


B.1 エラー情報のソース

MySQL にはエラー情報のソースがいくつかあります。

  • 各 SQL ステートメントを実行すると、セクションB.2「エラー値のタイプ」で説明されているように、エラーコード、SQLSTATE 値、およびエラーメッセージが返されます。これらのエラーはサーバー側から返されます (セクションB.3「サーバーのエラーコードおよびメッセージ」を参照してください)。

  • クライアント側でエラーが発生することがあり、通常、サーバーと通信するプログラムが関係しています (セクションB.4「クライアントのエラーコードおよびメッセージ」を参照してください)。

  • SQL ステートメントの警告およびエラーの情報は、SHOW WARNINGS ステートメントおよび SHOW ERRORS ステートメントを使用して表示できます。warning_count システム変数は、エラー、警告、および注意の数を示します。error_count システム変数はエラー数を示します。この値には警告および注意は含まれていません。

  • GET DIAGNOSTICS ステートメントは、診断領域の診断情報を調査するために使用できます。セクション13.6.7.3「GET DIAGNOSTICS 構文」を参照してください。

  • SHOW SLAVE STATUS ステートメントの出力には、スレーブ側で発生したレプリケーションエラーに関する情報が含まれています。

  • InnoDB テーブルに対するCREATE TABLE ステートメントが失敗した場合、SHOW ENGINE INNODB STATUS ステートメントの出力には、最後の外部キーエラーに関する情報が含まれています。

  • perror プログラムは、コマンド行からエラー番号に関する情報を表示します。セクション4.8.1「perror — エラーコードの説明」を参照してください。

サーバーエラーとクライアントエラーについては、この付録の以降のセクションで説明します。InnoDB に関連するエラーについては、セクション14.19.4「InnoDB のエラー処理」を参照してください。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.