Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


22.9.9.7 接続サマリーテーブル

接続サマリーテーブルは、スレッド単位ではなく、アカウント、ユーザー、またホストごとにアグリゲーションが行われることを除いて、対応する events_xxx_summary_by_thread_by_event_name テーブルに似ています。

パフォーマンススキーマは、イベント名とアカウント、ユーザー、またはホストで接続統計を集計するサマリーテーブルを保守します。待機、ステージ、およびステートメントイベントを集計する個別のテーブルのグループを使用でき、それによってこの一連の接続サマリーテーブルが得られます。

  • events_waits_summary_by_account_by_event_name: アカウントおよびイベント名ごとに要約された待機イベント

  • events_waits_summary_by_user_by_event_name: ユーザー名およびイベント名ごとに要約された待機イベント

  • events_waits_summary_by_host_by_event_name: ホスト名およびイベント名ごとに要約された待機イベント

  • events_stages_summary_by_account_by_event_name: アカウントおよびイベント名ごとに要約されたステージイベント

  • events_stages_summary_by_user_by_event_name: ユーザー名およびイベント名ごとに要約されたステージイベント

  • events_stages_summary_by_host_by_event_name: ホスト名およびイベント名ごとに要約されたステージイベント

  • events_statements_summary_by_account_by_event_name: アカウントおよびイベント名ごとに要約されたステートメントイベント

  • events_statements_summary_by_user_by_event_name: ユーザー名およびイベント名ごとに要約されたステートメントイベント

  • events_statements_summary_by_host_by_event_name: ホスト名およびイベント名ごとに要約されたステートメントイベント

つまり、接続サマリーテーブルは、形式 events_xxx_summary_yyy_by_event_name の名前を持ちます。ここで xxxwaitsstages、または statements で、yyyaccountuser、または host です。

接続サマリーテーブルは中間アグリゲーションレベルを提供します。

  • xxx_summary_by_thread_by_event_name テーブルは接続サマリーテーブルより詳細です

  • xxx_summary_global_by_event_name テーブルは接続サマリーテーブルより詳細ではありません

各接続サマリーテーブルには、テーブルのイベントの集計方法を示す 1 つまたは複数のグループ化カラムがあります。イベント名は、setup_instruments テーブル内のイベントインストゥルメントの名前を表します。

  • 名前に _by_account のあるテーブルでは、USERHOST、および EVENT_NAME カラムで、アカウントとイベント名ごとにイベントがグループ化されます。

  • 名前に _by_host のあるテーブルでは、HOST および EVENT_NAME カラムで、ホスト名とイベント名ごとにイベントがグループ化されます。

  • 名前に _by_user のあるテーブルでは、USER および EVENT_NAME カラムで、ユーザー名とイベント名ごとにイベントがグループ化されます。

すべての接続サマリーテーブルには、集計された値を格納するこれらのサマリーカラムがあります。COUNT_STARSUM_TIMER_WAITMIN_TIMER_WAIT, AVG_TIMER_WAIT、および MAX_TIMER_WAIT。これらは events_waits_summary_by_instance テーブル内の同じ名前のカラムに似ています。ステートメントの接続サマリーテーブルには、ステートメントの種類を集計する追加の SUM_xxx カラムがあります。

接続サマリーテーブルは MySQL 5.6.3 で追加されました。

TRUNCATE TABLE は接続サマリーテーブルに使用できます。それは、行を削除するのではなく、サマリーカラムを 0 にリセットします。さらに、接続サマリーテーブルは、それらが依存する接続テーブルが切り捨てられた場合に、暗黙的に切り捨てられます。表22.2「暗黙的なテーブル切り捨ての効果」 に接続テーブルの切り捨てと暗黙的に切り捨てられるテーブルの関係を説明しています。

表 22.2 暗黙的なテーブル切り捨ての効果

切り捨てられたテーブル 暗黙的に切り捨てられたサマリーテーブル
accounts %_by_account%%_by_thread% に一致する名前を持つテーブル
hosts %_by_account%%_by_host%%_by_thread% に一致する名前を持つテーブル
users %_by_account%%_by_user%%_by_thread% に一致する名前を持つテーブル


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.