Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


6.3.10.2 SSL を使用するための MySQL の構成

MySQL サーバーとクライアントプログラム間で SSL 接続を使用するには、システムで OpenSSL または yaSSL がサポートされている必要があります。MySQL 5.6.6 の時点では、SSL サポートがデフォルトで含まれています。

重要

MySQL Community Edition は yaSSL にバンドルされていますが、ソース配布から構築する際に、OpenSSL を使用するように構成できます。MySQL Enterprise Edition は OpenSSL にバンドルされています。MySQL Enterprise Edition では yaSSL を使用できません。

OpenSSL サポートを使用して MySQL サーバーを構築するには、次を実行する必要があります。

  1. システムに openSSL 1.0.1 以上がインストールされていることを確認します。OpenSSL を入手するには、http://www.openssl.org にアクセスします。

  2. 次の方法で CMake を呼び出して、openSSL が使用されるように MySQL ソース配布を構成します。

    shell> cmake . -DWITH_SSL=system

    このコマンドは、インストールされた OpenSSL ライブラリが使用されるように配布を構成します。セクション2.9.4「MySQL ソース構成オプション」を参照してください。-DWITH_SSL を指定しない場合は、yaSSL がデフォルトで使用されます。

    重要

    インストールされた OpenSSL のバージョンが 1.0.1 よりも小さい場合は、CMake でエラーが生成されます。

  3. 配布をコンパイルし、インストールします。

mysqld サーバーで SSL がサポートされているかどうかチェックするには、have_ssl システム変数の値を調査します。

mysql> SHOW VARIABLES LIKE 'have_ssl';
+---------------+-------+
| Variable_name | Value |
+---------------+-------+
| have_ssl      | YES   |
+---------------+-------+

値が YES の場合は、サーバーで SSL 接続がサポートされています。値が DISABLED の場合、サーバーは SSL 接続をサポートできますが、SSL 接続の使用が有効になるように、適切な --ssl-xxx オプションを付けて起動されませんでした。セクション6.3.10.3「SSL 接続の使用」を参照してください。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.