Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.1Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


6.3.10.2 SSL を使用するための MySQL の構成

MySQL サーバーとクライアントプログラム間で SSL 接続を使用するには、システムで OpenSSL または yaSSL がサポートされている必要があります。MySQL 5.6.6 の時点では、SSL サポートがデフォルトで含まれています。

重要

MySQL Community Edition は yaSSL にバンドルされていますが、ソース配布から構築する際に、OpenSSL を使用するように構成できます。MySQL Enterprise Edition は OpenSSL にバンドルされています。MySQL Enterprise Edition では yaSSL を使用できません。

OpenSSL サポートを使用して MySQL サーバーを構築するには、次を実行する必要があります。

  1. システムに openSSL 1.0.1 以上がインストールされていることを確認します。OpenSSL を入手するには、http://www.openssl.org にアクセスします。

  2. 次の方法で CMake を呼び出して、openSSL が使用されるように MySQL ソース配布を構成します。

    shell> cmake . -DWITH_SSL=system

    このコマンドは、インストールされた OpenSSL ライブラリが使用されるように配布を構成します。セクション2.9.4「MySQL ソース構成オプション」を参照してください。-DWITH_SSL を指定しない場合は、yaSSL がデフォルトで使用されます。

    重要

    インストールされた OpenSSL のバージョンが 1.0.1 よりも小さい場合は、CMake でエラーが生成されます。

  3. 配布をコンパイルし、インストールします。

mysqld サーバーで SSL がサポートされているかどうかチェックするには、have_ssl システム変数の値を調査します。

mysql> SHOW VARIABLES LIKE 'have_ssl';
+---------------+-------+
| Variable_name | Value |
+---------------+-------+
| have_ssl      | YES   |
+---------------+-------+

値が YES の場合は、サーバーで SSL 接続がサポートされています。値が DISABLED の場合、サーバーは SSL 接続をサポートできますが、SSL 接続の使用が有効になるように、適切な --ssl-xxx オプションを付けて起動されませんでした。セクション6.3.10.3「SSL 接続の使用」を参照してください。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.