Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  MySQL 4.1 でのパスワードハッシュ変更がアプリケーションプログラムに及ぼす影響

6.1.2.5 MySQL 4.1 でのパスワードハッシュ変更がアプリケーションプログラムに及ぼす影響

アプリケーション固有の目的で PASSWORD() を使用してパスワードを生成するアプリケーションの場合、MySQL バージョン 4.1 以降にアップグレードすると互換性の問題が生じる可能性があります。PASSWORD() は MySQL アカウントのパスワード管理専用のものであるため、アプリケーションではこれを行うべきではありません。ただし、一部のアプリケーションではそれら固有の目的で PASSWORD() を使用しています。

4.1 より前の MySQL バージョンを 4.1 以降にアップグレードして、長いパスワードハッシュを生成する条件でサーバーを実行すると、アプリケーション固有のパスワード用に PASSWORD() を使用するアプリケーションは破損します。そのような状況で推奨される一連のアクションは、アプリケーションを変更して、ハッシュ値を生成する SHA2()SHA1()MD5() などの関数を使用するようにすることです。これが不可能な場合は、古い形式の短いハッシュを生成するために提供されている OLD_PASSWORD() 関数を使用することができます。ただし、OLD_PASSWORD() は将来サポートされなくなる可能性があることに留意してください。

サーバーが old_passwords=1 を指定して実行している場合、サーバーは短いハッシュを生成し、OLD_PASSWORD()PASSWORD() と同等になります。

MySQL データベースをバージョン 4.0 以前からバージョン 4.1 以降にマイグレーションを実行する PHP プログラマは、MySQL and PHPを参照してください。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.