Documentation Home
MySQL Enterprise Backup ユーザーズガイド (バージョン 3.11)
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 1.3Mb
PDF (A4) - 1.3Mb
HTML Download (TGZ) - 164.9Kb
HTML Download (Zip) - 191.2Kb


10.4 MySQL Enterprise Backup ログの使用

mysql.backup_progress テーブルにより、バックアップジョブの実行時にそれらをモニターできます。mysql.backup_history テーブルにより、完了したジョブの結果を確認できます。これらのテーブルは CSV ストレージエンジンによって作成されているため、それらを SQL からクエリーしたり、アプリケーションまたはスクリプトからテキストファイルを解析したりすることができます。

バックアップ操作でこれらのテーブルの更新をスキップするには、--no-history-logging オプションを使用します。

backup_progress テーブル

backup_progress テーブルの各行は、実行中のバックアップジョブからの状態の変更やメッセージを記録します。backup_progress テーブルには次のカラムがあります。

  • backup_id

  • tool_name

  • error_code

  • error_message

  • current_time

  • current_state

CSV ストレージエンジンは直接 NULL 値を表現できないため、ログでは代わりに -1 の値が使用されます (たとえば、バイナリロギングが有効にされていない場合に、binlog_pos カラムなどで)。

backup_id 値は、単一のバックアップ操作の情報をグループ化し、ジョブの終了後に backup_history テーブル内の対応する行に関連付けるために使用します。

error_code 値と error_message 値は、ジョブの進行状況を追跡し、バックアップ操作を停止する必要がある重大なエラーが発生したかどうかを検出するために使用します。

current_time 値と current_state 値は、バックアップ操作の各部分でかかる時間を測定し、将来のバックアップの間隔の計画に役立てるために使用します。

backup_history テーブル

backup_history テーブルの各行は、mysqlbackup コマンドによって生成された、1 つの完了したバックアップジョブの詳細を記録します。backup_history テーブルには次のカラムがあります。

  • backup_id

  • tool_name

  • start_time

  • end_time

  • binlog_pos

  • binlog_file

  • compression_level

  • engines

  • innodb_data_file_path

  • innodb_file_format

  • start_lsn

  • end_lsn

  • backup_type

  • backup_format

  • mysql_data_dir

  • innodb_data_home_dir

  • innodb_log_group_home_dir

  • innodb_log_files_in_group

  • innodb_log_file_size

  • backup_destination

  • lock_time

  • exit_state

  • last_error

  • last_error_code

end_lsn 値は、増分バックアップに関連する操作を自動化するために使用します。フルバックアップまたは増分バックアップを取得した場合、そのバックアップからの終了 LSN を次の増分バックアップの開始 LSN として指定します。

mysql_data_dirinnodb_data_home_dir、および backup_destination などのバックアップ関連の構成設定に対応する値は、バックアップで正しいソースディレクトリと宛先ディレクトリを使用していることを確認するために使用します。

exit_statelast_error、および last_error_code は、各バックアップの成功または失敗を評価するために使用します。

last_error'NO_ERROR' の場合、バックアップ操作は成功しています。何らかのエラーがある場合、backup_progress テーブルから、そのバックアップ操作のエラーの完全なリストを取得できます。