Documentation Home
MySQL Enterprise Backup ユーザーズガイド (バージョン 3.11)
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 1.3Mb
PDF (A4) - 1.3Mb
HTML Download (TGZ) - 164.9Kb
HTML Download (Zip) - 191.2Kb


3.3.1 完全バックアップの作成

ほとんどのバックアップ戦略では、MySQL Server の完全なバックアップから開始し、そこからすべてのデータベースとテーブルをリストアできます。完全バックアップを一度行なったあと、次の複数のバックアップジョブでは増分バックアップ (より小さく高速) を行うことができます。その後は、定期的に完全バックアップを新しく行なって、サイクルを再度開始します。

このセクションでは、この非常に基本的なバックアップに関するいくつかの考慮事項について説明します。完全バックアップはほかの種類のバックアップよりも時間がかかり、大きなバックアップファイルが作成される可能性があるため、速度、容量、および利便性に関する判断が、バックアップ戦略のこの部分にとって特に重要になります。

完全バックアップを作成するコマンドを示した例については、セクション3.2.1「MySQL インスタンス全体のバックアップ」を参照してください。

コマンド行のオプションか、構成ファイルのオプションか?

明確にするために、このマニュアルの例では通常、コマンド行のオプションを示すことで、それぞれのバックアップジョブで同じである可能性のある接続パラメータとほかの情報について説明します。便宜上、また、一貫性を保つために、mysqlbackup コマンドに渡す MySQL 構成ファイルの「mysqlbackup」セクションに、これらのオプションを含めることができます。mysqlbackup はまた、これらのオプションが存在する場合は、「mysqld」セクションから選択することもできます。たとえば、構成ファイル内のポート情報に依存すると、データベースインスタンスが別のポートに切り替えた場合に、バックアップスクリプトを編集する必要はなくなります。

単一のディレクトリでの出力か、タイムスタンプが記されたサブディレクトリでの出力か?

便宜上、--with-timestamp オプションは、各バックアップジョブからの出力を保持するために、バックアップディレクトリ下に一意の名前を付けたサブディレクトリを作成します。タイムスタンプが記されたサブディレクトリであれば、たとえば一定の有効期間を過ぎたバックアップデータを削除またはアーカイブすることによって、保持期間の確立がより簡単になります。このオプションはデフォルトでは設定されていません。

単一のバックアップディレクトリを使用する場合 (つまり、--with-timestamp オプションを省略した場合)、バックアップジョブごとに新しい一意のディレクトリ名を指定するか、--force オプションを指定して既存のバックアップファイルを上書きしてください。

各増分バックアップコマンドの一部に --incremental-base オプションを使用して、以前のバックアップを含むディレクトリを指定します。ディレクトリ名を予測できる名前にするには、--with-timestamp オプションを省略して、代わりにバックアップスクリプトの一部としてディレクトリ名のシーケンスを生成します。

常に完全バックアップか、完全バックアップに増分バックアップを組み合わせるか?

InnoDB データボリュームが小さい場合、またはデータベースが非常にビジーであるために高い割合のデータがバックアップ間で変更した場合、毎回、完全バックアップを実行できます。通常、定期的に完全バックアップを実行し、セクション3.3.2「増分バックアップの作成」の説明に従って 2 つの完全バックアップの合間に増分バックアップを実行することによって、時間とストレージ領域を節約できます。

圧縮を使用するか、使用しないか?

圧縮バックアップを作成すると、ストレージ領域を大幅に節約し、I/O を大幅に軽減できます。また、LZ4 圧縮方法 (リリース 3.10 以降で導入) を使用すると、圧縮処理のオーバーヘッドは非常に低くなります。データベースバックアップが、アクティブなデータベースファイルが置かれているより高速なディスクシステムから、低速である可能性があるストレージに移動している場合では、圧縮によって全体のバックアップ時間が大幅に短縮されることがよくあります。リストア時間が短縮する結果になることもあります。LZ4 ベースのバックアップはより短時間で終わる場合が多いため、通常、ほとんどのユーザーには圧縮なしよりも LZ4 圧縮をお勧めします。ただし、環境内で MySQL Enterprise Backup をテストして、もっとも効率的なアプローチを判断してください。