第 2 章 MySQL Enterprise Backup のインストール

バックアップする予定のコンテンツを含むそれぞれのデータベースサーバーに MySQL Enterprise Backup 製品をインストールします。MySQL インスタンスと同じサーバーで mysqlbackup コマンドを実行することにより、すべてのバックアップおよびリストア操作をローカルで実行します。

オプション: apply-log オプションを付けて mysqlbackup を実行する場合にのみ、データベースサーバー以外のコンピュータにも MySQL Enterprise Backup 製品をインストールできます。バックアップデータを個別のサーバーに転送し、そのサーバーでログの適用ステップを実行する場合の情報については、セクション5.1.1.2「既存のバックアップデータの apply-log 操作」を参照してください。

MySQL Enterprise Backup 製品は、アーカイブファイル (tar でアーカイブされ、gzip で圧縮された .tgz) かプラットフォーム固有のインストーラのどちらかとしてパッケージングされています。

Unix および Linux システムのインストール

すべての Linux および Unix システムで、製品は .tgz ファイルとして提供されています。このファイルを次の手順に従ってアンパックします。

tar xvzf package.tgz

mysqlbackup コマンドはサブディレクトリにアンパックされます。システムディレクトリ (実行許可ビットを保存) にこれらをコピーすることも、それをアンパックしたディレクトリを $PATH 設定に追加することもできます。

ある特定の Linux ディストリビューションでは、製品は RPM アーカイブとしても提供されています。コマンド sudo rpm -i package_name.rpm を使用して RPM をインストールすると、mysqlbackup コマンドがディレクトリ /opt/mysql/meb-3.11 にインストールされます。$PATH 設定にこのディレクトリを追加する必要があります。

Windows システムでのインストール

この製品は、MySQL Installer for Windows を使用して、ほかの MySQL 製品と一緒にインストールできます。個々の .msi インストーラまたは .zip ファイルのどちらかを使用して個別にインストールすることもできます。

.msi インストーラでインストールするときは、インストール先を指定します。ほかの MySQL 製品がインストールされている同じディレクトリをお勧めします。「Include directory in Windows PATH」オプションを選択すると、どのディレクトリからでも mysqlbackup コマンドを実行できます。

.zip ファイルでインストールする場合は、単にファイルを解凍して、mysqlbackup.exe を目的のインストール先に保存するだけです。その場所を %PATH% 変数に追加すると、どのディレクトリからでも mysqlbackup コマンドを実行できます。

「スタート」>「すべてのプログラム」>「MySQL Enterprise Backup 3.11」>「MySQL Enterprise Backup Command Line」のメニュー項目を選択して、インストールできたかどうかを検証します。このメニュー項目によってバージョン情報が表示され、mysqlbackup コマンドを実行するためのコマンドプロンプトが開きます。