Documentation Home
MySQL Enterprise Backup ユーザーズガイド (バージョン 3.11)
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 1.3Mb
PDF (A4) - 1.3Mb
HTML Download (TGZ) - 164.9Kb
HTML Download (Zip) - 191.2Kb


5.1.3 接続オプション

mysqlbackup はバックアップを作成する際に、データベース接続を使用して、SQL コマンドを MySQL サーバーに送信します。一般的な接続の詳細は、MySQL リファレンスマニュアルの「MySQL サーバーへの接続」の説明と同じです。

mysqlbackup 呼び出しの一部として、MySQL サーバーへの接続に必要な適切な --user--password--port、および --socket オプションを指定します。

MySQL 構成ファイルの「mysqlbackup」または「client」セクション内または mysqlbackup コマンド行オプションから、次の接続固有のオプションを指定できます。mysqlbackup はデフォルトの構成ファイルを読み取り、次にコマンド行に指定された my.cnf ファイルを読み取ります。

注記
  • mysqlbackup「client」グループから --user--password--port、および --socket オプションのみを読み取り、ほかのすべての接続オプションを無視します。

  • --password の値を指定しないと、コマンドによってキーボードからの入力が求められます。

  • --host オプションは、互換性のため構成ファイルで使用できますが、現在無効です。mysqlbackup コマンドは常にローカルサーバーの IP アドレスに接続します。

Options Common to mysqld 
======================== 

--login-path=name
--port=port-num
--protocol=tcp|socket|pipe|memory
--pipe [ alias for --protocol=pipe ] 
--user=name [ short option: -u ] 
--host=hostname
--socket=name
--shared-memory-base-name=value [Windows only] 
--character-sets-dir=PATH
--default-character-set=VALUE
--secure-auth [ Don't connect to pre-4.1.1 server ] 
--password[=value] [ short option: -p ] 
--connect_timeout
--ssl [ Enalbe SSL for connection ] 
--ssl-key=file_name
--ssl-cert=file_name
--ssl-ca=file_name
--ssl-capath=directory_name
--ssl-cipher=cipher_list
--ssl-verify-server-cert
        
Connection Options Specific to mysqlbackup
==========================================

--no-connection
--connect-if-online

mysql コマンドによって使用されるほかのほとんどの接続パラメータは認識されますが、通知なく無視されます。不明な接続パラメータによって、mysqlbackup コマンドは停止します。

次の接続オプションは mysqlbackup に固有です。

  • --no-connection

    --no-connection オプションは、ほかの接続オプションより優先され、ファイルレベルの操作を使用して、バックアップを実行します。このオプションを使用する場合、値が通常データベース接続経由で自動的に取得される多くのオプションを、構成ファイル内またはコマンド行に指定する必要があります。

    警告

    このオプションは --no-history-logging オプションと --no-locking オプションも有効にするため、これにより、バックアップ操作中にテーブルが変更された場合に、InnoDB 以外のデータに不整合が発生する可能性があります。さらに、これは後続の増分バックアップにも影響することがあります。詳細については、--incremental-base オプションの説明を参照してください。

  • --connect-if-online

    デフォルトで、データベース接続は、初期段階でソースリポジトリ構成を取得するためと InnoDB 以外のデータのコピー中にテーブルをロックするための両方のバックアップ操作に使用されます。このオプションにより、mysqlbackup は両方のフェーズで接続を試行しますが、接続を確立できない場合でも続行します。接続を確立できない場合、処理は --no-connection オプションを使用した場合と同じになります。このオプションは、バックアップ操作時にデータベースサーバーが停止した場合など、緊急の状況で役立つことがあります。