Documentation Home
MySQL Enterprise Backup ユーザーズガイド (バージョン 3.11)
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 1.3Mb
PDF (A4) - 1.3Mb
HTML Download (TGZ) - 164.6Kb
HTML Download (Zip) - 190.9Kb


5.1.6 メタデータオプション

これらのオプションは、バックアップに関するメタデータの生成を制御します。メタデータはバックアップディレクトリに保存されるものと、バックアップされたインスタンスの mysql データベース内のテーブルに保存されるものがあります。

  • --no-history-logging

    バックアップの進行状況と履歴の、バックアップされたデータベース内のロギングテーブルへの記録をオフにします。これらのテーブルの詳細については、セクション10.4「MySQL Enterprise Backup ログの使用」を参照してください。

    デフォルト: 履歴ロギングは有効です。--no-connection を指定した場合、履歴ロギングは自動的に無効にされます。--connect-if-online を指定した場合、バックアップ時にデータベース接続が正常に確立された場合にのみ履歴ロギングが機能します。

  • --comments=STRING

    Property Value
    コマンド行形式 --comments=STRING
    文字列

    バックアップについて説明したり、識別したりするコメント文字列を指定します。複数語のコメントは適切な引用符で囲みます。この文字列はバックアップ内のファイル meta/comments.txt に保存されます。例: --comments="Backup of HR data on 2010/12/10"

  • --comments-file=PATH

    Property Value
    コマンド行形式 --comments-file=PATH
    ファイル名

    バックアップについて説明するコメントを格納するファイルへのパスを指定します。このファイルはバックアップに meta/comments.txt という名前で保存されます。例: --comments-file=/path/to/comments.txt

    このオプションは両方が指定されている場合に、--comments オプションをオーバーライドします。