Documentation Home
MySQL Enterprise Backup ユーザーズガイド (バージョン 3.11)
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 1.3Mb
PDF (A4) - 1.3Mb
HTML Download (TGZ) - 164.6Kb
HTML Download (Zip) - 190.9Kb


5.1.12 メッセージロギングオプション

mysqlbackup は重要な進行状況とエラー情報を stderr ストリームに書き込みます。この情報は、多くの場合に操作中に発生する問題を突き止めるためにきわめて貴重です。MySQL Enterprise Backup 3.9 から、任意のデバッグプロセスでエラー情報に簡単にアクセスできるように、stderr ストリームへの出力はデフォルトでログファイルにも保存されます (ほとんどの mysqlbackup 操作で)。

メッセージロギングは Unix のようなシステムの tee プロセスのように機能し、プログラムの出力が分離されて、表示され、ファイルに保存されます。生成されるログファイルは次の形式で名前が付けられます。MEB_timestamp_operation.log。ここで operation は実行された mysqlbackup 操作 (backupapply-log など) で、timestamp は操作が実行された日時です。これはログファイルの名前の例です。

MEB_2013-06-24.16-32-43_backup.log
MEB_2013-06-28.11-07-18_apply_log.log
MEB_2013-06-29.10-08-06_list_image.log

次のオプションはメッセージロギング機能を制御します。

  • --skip-messages-logdir

    メッセージロギングをスキップします。ロギングはデフォルトでオンにされ (list-image および validate 操作を除きます。詳細については、--messages-logdir オプションの説明を参照してください)、このオプションによってオフにされます。

  • --messages-logdir=path

    Property Value
    コマンド行形式 --messages-logdir=PATH
    ディレクトリ名
    デフォルト backup_dir/meta

    メッセージログを格納するための既存のディレクトリのパス名を指定します。指定したディレクトリが存在しない場合、メッセージロギングが失敗し、エラーメッセージを返します。このオプションを省略した場合、backup_dir/meta のデフォルトのディレクトリが使用されます。

    注記

    このオプションを使用して、list-image および validate 操作のメッセージロギングをオンにします。2 つの操作では、ファイルが変更されず、通常それらのデバッグにメッセージログが必要ないため、メッセージロギングはデフォルトでオフにされます。さらに、2 つの操作では backup_dir/meta のデフォルトのパス名は意味がないため、メッセージロギングをオンにし、ログファイルを保存するディレクトリのパス名を指定するために、このオプションが必要です。ただし、--skip-messages-logdir オプションも指定した場合、それが優先され、メッセージロギングがスキップされます。

次は、メッセージロギングの制御方法を示す例です。

これによって、デフォルトの設定のため、ディレクトリ /home/backup_dir/metabackup 操作のログファイルが作成されます。

$MYSQLBACKUP -uroot --port=3306 --backup-dir=/home/backup_dir backup

これは、backup 操作のメッセージロギングをスキップします。

$MYSQLBACKUP -uroot --port=3306 --backup-dir=/home/backup_dir \
      --skip-messages-logdir backup

これにより、apply-log 操作のログファイルが、デフォルトの場所ではなく、/home/teelog_dir という既存のディレクトリに作成されます。

$MYSQLBACKUP -uroot --port=3306 --backup-dir=/home/backup_dir \
      --messages-logdir=/home/teelog_dir apply-log

これにより、list-image 操作のログファイルが、/home/teelog_dir という既存のディレクトリに作成されます。

$MYSQLBACKUP -uroot --port=3306 --backup-image=/backup/my.mbi \
      --messages-logdir=/home/teelog_dir list-image