Documentation Home
MySQL Enterprise Backup ユーザーズガイド (バージョン 3.11)
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 1.3Mb
PDF (A4) - 1.3Mb
HTML Download (TGZ) - 164.6Kb
HTML Download (Zip) - 190.9Kb


5.1.14 暗号化オプション

これらのオプションは、暗号化された単一ファイルバックアップの作成とそれらの復号化用です。MySQL Enterprise Backup の暗号化および復号化機能の詳細と使用情報については、第8章「バックアップの暗号化を参照してください。

  • --encrypt

    backup-to-image 操作によってバックアップイメージを作成する場合、または backup-dir-to-image サブコマンドでバックアップディレクトリを単一ファイルにパックする場合に、データを暗号化します。backup または backup-and-apply-log サブコマンドでは使用できません。

  • --decrypt

    extractimage-to-backup-dir、または copy-back-and-apply-log 操作の実行時に、暗号化されたバックアップイメージを復号化します。暗号化されたバックアップイメージへの validate または list-image 操作を実行する場合にも使用されます。

    このオプションは、apply-logbackup-and-apply-log、または copy-back 操作では使用できません。copy-back サブコマンドを使用したリストアの場合、image-to-backup-dir または extract サブコマンドと --decrypt オプションを使用して、まず暗号化されたバックアップイメージをアンパックし、復号化する必要があります。

  • --key=STRING

    Property Value
    コマンド行形式 --key=KEY
    文字列

    バックアップイメージの暗号化および復号化のための対称鍵。64 文字の 16 進文字列としてエンコードされた 256 ビット鍵にしてください。鍵の作成方法については、第8章「バックアップの暗号化を参照してください。このオプションは --key-file オプションと互換性がありません。

  • --key-file=PATH

    Property Value
    コマンド行形式 --key-file=FILE
    ファイル名

    バックアップイメージの暗号化および復号化のための 64 文字の 16 進文字列としてエンコードされた 256 ビット鍵を格納するファイルのパス名。このオプションは --key オプションと互換性がありません。