Documentation Home
MySQL Enterprise Backup ユーザーズガイド (バージョン 3.11)
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 1.3Mb
PDF (A4) - 1.3Mb
HTML Download (TGZ) - 164.5Kb
HTML Download (Zip) - 190.9Kb


6.1 新しいレプリケーションスレーブのセットアップ

MySQL レプリケーションを使用する場合、MySQL Enterprise Backup により、マスターをバックアップし、そのバックアップを新しいスレーブサーバーにリストアすることによって、マスターを停止することなく、スレーブデータベースをセットアップできます。

  1. バックアップを取得して、それをスレーブサーバーに転送し、apply-log オプションを付けて mysqlbackup を使用してそれを準備し、新しいスレーブの適切なディレクトリに、リストアされたバックアップとログファイルを配置します。

  2. 新しいスレーブの my.cnf ファイルを編集し、「mysqld」セクションの下に、skip-slave-start および event_scheduler=off を挿入します。

  3. 新しいスレーブ mysqld (バージョン >= 5.1) を起動します。これはバックアップが認識する最新の MySQL バイナリログの位置を出力します。

    …
    InnoDB: Last MySQL binlog file position 0 128760128, file name ./hundin-bin.006
    …

    InnoDB は、トランザクションのコミット時に、そのテーブルスペースにバイナリログの位置情報のみを格納することに注意してください。現在のバイナリロギングの位置を InnoDB に認識させるには、バイナリロギングが有効になっている間に、少なくとも 1 つのトランザクションを実行する必要があります。

  4. スレーブで CHANGE MASTER SQL コマンドを使用して、それを正しく初期化します。例:

    CHANGE MASTER TO
    MASTER_LOG_FILE='hundin-bin.006',
    MASTER_LOG_POS=128760128;
  5. マスターからコピーされたイベントのステータスを SLAVESIDE_DISABLED に設定します。例:

    mysql> UPDATE mysql.event SET status = 'SLAVESIDE_DISABLED';

  6. ステップ 2 でスレーブの my.cnf ファイルに追加した行 skip-slave-start および event_scheduler=off エントリを削除します。

  7. スレーブサーバーを再起動します。レプリケーションが開始します。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.