Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
EPUB - 7.5Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  INFORMATION_SCHEMA テーブル  /  INFORMATION_SCHEMA TRIGGERS テーブル

21.26 INFORMATION_SCHEMA TRIGGERS テーブル

TRIGGERS テーブルはトリガーに関する情報を提供します。自身が TRIGGER 権限を保有しているデータベースとテーブルの情報だけを表示できます。

INFORMATION_SCHEMA SHOW 備考
TRIGGER_CATALOG   def
TRIGGER_SCHEMA    
TRIGGER_NAME Trigger  
EVENT_MANIPULATION Event  
EVENT_OBJECT_CATALOG   def
EVENT_OBJECT_SCHEMA    
EVENT_OBJECT_TABLE Table  
ACTION_ORDER   0
ACTION_CONDITION   NULL
ACTION_STATEMENT Statement  
ACTION_ORIENTATION   ROW
ACTION_TIMING Timing  
ACTION_REFERENCE_OLD_TABLE   NULL
ACTION_REFERENCE_NEW_TABLE   NULL
ACTION_REFERENCE_OLD_ROW   OLD
ACTION_REFERENCE_NEW_ROW   NEW
CREATED Created  
SQL_MODE sql_mode MySQL 拡張
DEFINER Definer MySQL 拡張
CHARACTER_SET_CLIENT character_set_client MySQL 拡張
COLLATION_CONNECTION collation_connection MySQL 拡張
DATABASE_COLLATION Database Collation MySQL 拡張

:

  • SHOWカラム内の名前は、SHOW CREATE TRIGGER ではなく SHOW TRIGGERS ステートメントを示します。セクション13.7.5.39「SHOW TRIGGERS 構文」を参照してください。

  • TRIGGER_SCHEMA および TRIGGER_NAME: それぞれ、トリガーが実行されるデータベースの名前とトリガー名です。

  • EVENT_MANIPULATION: トリガーイベントです。これは、トリガーが有効になる、関連付けられたテーブルに対する操作の種類です。値は、'INSERT' (行が挿入された場合)、'DELETE' (行が削除された場合)、または 'UPDATE' (行が変更された場合) です。

  • EVENT_OBJECT_SCHEMA および EVENT_OBJECT_TABLE: セクション20.3「トリガーの使用」に記したように、すべてのトリガーは厳密に 1 つのテーブルに関連付けられます。これらのカラムには、このテーブルが存在するデータベースと、テーブル名がそれぞれ示されます。

  • ACTION_ORDER: 同じテーブルで類似したトリガーのリスト内の、トリガーアクションの順序位置です。現在、この値は常に 0 です。これは、同じテーブルで同じ EVENT_MANIPULATION および ACTION_TIMING のトリガーを複数持つことはできないためです。

  • ACTION_STATEMENT: トリガー本体です。つまり、トリガーの有効時に実行されるステートメントです。このテキストは UTF-8 エンコーディングを使用します。

  • ACTION_ORIENTATION: 常に 'ROW' の値を含みます。

  • ACTION_TIMING: トリガーが有効になるのが、トリガーイベントの前かあとかを指定します。値は 'BEFORE' または 'AFTER' です。

  • ACTION_REFERENCE_OLD_ROW および ACTION_REFERENCE_NEW_ROW: それぞれ古いカラム識別子と新しいカラム識別子です。このことは、ACTION_REFERENCE_OLD_ROW が常に 'OLD' の値を含み、ACTION_REFERENCE_NEW_ROW が常に 'NEW' の値を含むことを意味します。

  • SQL_MODE: トリガーが作成されたときに有効であり、トリガーを実行するときの SQL モードです。指定可能な値については、セクション5.1.7「サーバー SQL モード」を参照してください。

  • DEFINER: 'user_name'@'host_name' 形式で示した、トリガーを作成したユーザーのアカウントです。

  • CHARACTER_SET_CLIENT: トリガーが作成されたときの character_set_client システム変数のセッション値です。

  • COLLATION_CONNECTION: トリガーが作成されたときの collation_connection システム変数のセッション値です。

  • DATABASE_COLLATION: トリガーが関連付けられているデータベースの照合順序です。

  • ACTION_CONDITIONACTION_REFERENCE_OLD_TABLEACTION_REFERENCE_NEW_TABLE、および CREATED のカラムには現在、NULL が常に含まれます。

セクション20.3「トリガーの使用」で定義された ins_sum トリガーを使用した例です。

mysql> SELECT * FROM INFORMATION_SCHEMA.TRIGGERS
    -> WHERE TRIGGER_SCHEMA='test' AND TRIGGER_NAME='ins_sum'\G
*************************** 1. row ***************************
           TRIGGER_CATALOG: def
            TRIGGER_SCHEMA: test
              TRIGGER_NAME: ins_sum
        EVENT_MANIPULATION: INSERT
      EVENT_OBJECT_CATALOG: def
       EVENT_OBJECT_SCHEMA: test
        EVENT_OBJECT_TABLE: account
              ACTION_ORDER: 0
          ACTION_CONDITION: NULL
          ACTION_STATEMENT: SET @sum = @sum + NEW.amount
        ACTION_ORIENTATION: ROW
             ACTION_TIMING: BEFORE
ACTION_REFERENCE_OLD_TABLE: NULL
ACTION_REFERENCE_NEW_TABLE: NULL
  ACTION_REFERENCE_OLD_ROW: OLD
  ACTION_REFERENCE_NEW_ROW: NEW
                   CREATED: NULL
                  SQL_MODE: NO_ENGINE_SUBSTITUTION
                   DEFINER: me@localhost
      CHARACTER_SET_CLIENT: utf8
      COLLATION_CONNECTION: utf8_general_ci
        DATABASE_COLLATION: latin1_swedish_ci

User Comments
  Posted by tommaso dd on April 4, 2006
--copy and paste in your prompt of mysql>
show triggers;
--for see all the triggers create
describe INFORMATION_SCHEMA.TRIGGERS;
--for see the columns of INFORMATION_SCHEMA table
describe INFORMATION_SCHEMA.COLUMNS;

SELECT * FROM INFORMATION_SCHEMA.COLUMNS;
--for see all the columns creates :)Dangerous

SELECT * FROM INFORMATION_SCHEMA.TRIGGERS;
--for see all the triggers informations

see you !!!
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.