MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  INFORMATION_SCHEMA テーブル  /  INFORMATION_SCHEMA PROCESSLIST テーブル

21.15 INFORMATION_SCHEMA PROCESSLIST テーブル

PROCESSLIST テーブルは、どのスレッドが動作しているかに関する情報を提供します。

INFORMATION_SCHEMA SHOW 備考
ID Id MySQL 拡張
USER User MySQL 拡張
HOST Host MySQL 拡張
DB db MySQL 拡張
COMMAND Command MySQL 拡張
TIME Time MySQL 拡張
STATE State MySQL 拡張
INFO Info MySQL 拡張

テーブルカラムの幅広い説明については、セクション13.7.5.30「SHOW PROCESSLIST 構文」を参照してください。

:

  • PROCESSLIST テーブルは、非標準テーブルです。

  • 対応する SHOW ステートメントの出力と同様に、PROCESSLIST テーブルは PROCESS の権限がない場合は、自身のスレッドに関する情報だけが表示されます。権限がある場合、ほかのスレッドに関する情報も表示されます。匿名ユーザーとしてでは、どの行も表示できません。

  • SQL ステートメントが INFORMATION_SCHEMA.PROCESSLIST を参照している場合、MySQL はステートメントの実行が開始されるとテーブル全体を一度移入するので、ステートメント中の読み取りの一貫性が保たれます。ただし、複数ステートメントトランザクションでは読み取りの一貫性はありません。

  • 処理情報は、performance_schema.threads テーブルから利用することもできます。ただし、threads へのアクセスには相互排他ロックは必要なく、サーバーパフォーマンスへの影響は最小です。INFORMATION_SCHEMA.PROCESSLIST および SHOW PROCESSLIST は、相互排他ロックを必要とするので、負のパフォーマンスの結果になります。threads はまた、バックグラウンドスレッドに関する情報も表示しますが、INFORMATION_SCHEMA.PROCESSLIST および SHOW PROCESSLIST は表示しません。これは、threads は、ほかのスレッド情報源では行えないアクティビティーのモニターに使用できることを意味します。

次のステートメントは同等です。

SELECT * FROM INFORMATION_SCHEMA.PROCESSLIST

SHOW FULL PROCESSLIST

User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.