MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  INFORMATION_SCHEMA テーブル  /  INFORMATION_SCHEMA PLUGINS テーブル

21.14 INFORMATION_SCHEMA PLUGINS テーブル

PLUGINS テーブルは、サーバーのプラグインに関する情報を提供します。

INFORMATION_SCHEMA SHOW 備考
PLUGIN_NAME Name MySQL 拡張
PLUGIN_VERSION MySQL 拡張
PLUGIN_STATUS Status MySQL 拡張
PLUGIN_TYPE Type MySQL 拡張
PLUGIN_TYPE_VERSION MySQL 拡張
PLUGIN_LIBRARY Library MySQL 拡張
PLUGIN_LIBRARY_VERSION MySQL 拡張
PLUGIN_AUTHOR MySQL 拡張
PLUGIN_DESCRIPTION MySQL 拡張
PLUGIN_LICENSE License MySQL 拡張
LOAD_OPTION MySQL 拡張

:

  • PLUGINS テーブルは、非標準テーブルです。

  • PLUGIN_NAME は、INSTALL PLUGINUNINSTALL PLUGIN などのステートメントでプラグインを参照するために使用される名前です。

  • PLUGIN_VERSION は、プラグインの一般的なタイプのディスクリプタのバージョンです。

  • PLUGIN_STATUS は、ACTIVEINACTIVEDISABLED、または DELETED のいずれかのプラグインステータスを示します。

  • PLUGIN_TYPE は、STORAGE ENGINEINFORMATION_SCHEMAAUTHENTICATION などのプラグインのタイプを示します。

  • PLUGIN_TYPE_VERSION は、プラグインのタイプ固有のディスクリプタのバージョンです。

  • PLUGIN_LIBRARY は、プラグイン共有オブジェクトファイルの名前です。これは、INSTALL PLUGINUNINSTALL PLUGIN などのステートメントでプラグインファイルを参照するために使用される名前です。このファイルは、plugin_dir システム変数によって指名されたディレクトリに置かれます。ライブラリ名が NULL である場合、プラグインはコンパイルされますが、UNINSTALL PLUGIN でアンインストールできません。

  • PLUGIN_LIBRARY_VERSION は、プラグイン API インタフェースバージョンを示します。

  • PLUGIN_AUTHOR はプラグイン作成者の名前を示します。

  • PLUGIN_DESCRIPTION は、プラグインの簡単な説明を提供します。

  • PLUGIN_LICENSE は、GPL などのライセンスがどのようにプラグインに付与されているかを示します。

  • LOAD_OPTION は、プラグインがどのようにロードされたかを示します。値は、OFFONFORCE、または FORCE_PLUS_PERMANENT です。セクション5.1.8.1「プラグインのインストールおよびアンインストール」を参照してください。

INSTALL PLUGIN でインストールされたプラグインの場合、PLUGIN_NAME および PLUGIN_LIBRARY 値は、mysql.plugin テーブルにも登録されます。

次のステートメントは同等です。

SELECT
  PLUGIN_NAME, PLUGIN_STATUS, PLUGIN_TYPE,
  PLUGIN_LIBRARY, PLUGIN_LICENSE
FROM INFORMATION_SCHEMA.PLUGINS;

SHOW PLUGINS;

PLUGINS テーブル内の情報のベースを形成するプラグインデータ構造の詳細は、セクション24.2「MySQL プラグイン API」を参照してください。

プラグイン情報は、SHOW PLUGINS ステートメントを使用して利用することもできます。セクション13.7.5.26「SHOW PLUGINS 構文」を参照してください。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.