Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.1Mb
EPUB - 7.5Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  MySQL 4.1 でのパスワードハッシュ変更がアプリケーションプログラムに及ぼす影響

6.1.2.5 MySQL 4.1 でのパスワードハッシュ変更がアプリケーションプログラムに及ぼす影響

アプリケーション固有の目的で PASSWORD() を使用してパスワードを生成するアプリケーションの場合、MySQL バージョン 4.1 以降にアップグレードすると互換性の問題が生じる可能性があります。PASSWORD() は MySQL アカウントのパスワード管理専用のものであるため、アプリケーションではこれを行うべきではありません。ただし、一部のアプリケーションではそれら固有の目的で PASSWORD() を使用しています。

4.1 より前の MySQL バージョンを 4.1 以降にアップグレードして、長いパスワードハッシュを生成する条件でサーバーを実行すると、アプリケーション固有のパスワード用に PASSWORD() を使用するアプリケーションは破損します。そのような状況で推奨される一連のアクションは、アプリケーションを変更して、ハッシュ値を生成する SHA2()SHA1()MD5() などの関数を使用するようにすることです。これが不可能な場合は、古い形式の短いハッシュを生成するために提供されている OLD_PASSWORD() 関数を使用することができます。ただし、OLD_PASSWORD() は将来サポートされなくなる可能性があることに留意してください。

サーバーが old_passwords=1 を指定して実行している場合、サーバーは短いハッシュを生成し、OLD_PASSWORD()PASSWORD() と同等になります。

MySQL データベースをバージョン 4.0 以前からバージョン 4.1 以降にマイグレーションを実行する PHP プログラマは、MySQL and PHPを参照してください。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.