3.3 インストールに必要な資格証明

MySQL Enterprise Monitor コンポーネントをインストールする前に、モニターする予定のすべての MySQL サーバーの資格証明 (ルートユーザーの ID とパスワード) を収集します。エージェントインストールには、各モニター対象 MySQL サーバーの専用ユーザー ID と、インストーラがオプションで作成できる Limited および General ユーザーが必要です。

注記

MySQL 5.5.16 以降では、これらのユーザー ID を PAM 認証プラグインを使用して認証するように構成できます。現在、MySQL Enterprise Monitor は Windows ネイティブ認証プラグインによる認証をサポートしていません。

オプションで、My Oracle Support アカウントの資格証明を収集します (MySQL Enterprise Monitor User Interface の「設定」タブで指定できます)。

次のセクションでは、MySQL Enterprise Monitor に関連付けられるユーザーの概要について説明します。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.