5.8.1 Windows でのエージェントの起動/停止

最後のインストール画面でモニターエージェントを起動できます。そうしない場合でも、Start Menu に移動し、Programs の下で MySQLMySQL Enterprise Monitor Agent エントリを探すことでこれを実行できます。単純に、Start MySQL Enterprise Monitor Agent オプションを選択してください。

注記

Windows Vista 以降では、エージェントを起動するには管理権限が必要であるため、管理者としてログインする必要があります。エージェントを起動または停止するには、メニュー項目を右クリックして、「管理者として実行」メニューオプションを選択します。同じ制限がコマンド行からエージェントを起動するときに適用されます。管理者 cmd ウィンドウを開くには、cmd アイコンを右クリックして、「管理者として実行」メニューオプションを選択します。

警告

結果をレポートするために、エージェントはインストール中に指定されたポートを経由して Monitor UI に接続できる必要があります。このポートのデフォルト値は 18443 で、このポートがブロックされていないことを確認してください。エージェントインストールのトラブルシューティングのサポートが必要な場合は、セクション5.13「エージェントのトラブルシューティング」を参照してください。

次を入力することでエージェントをコマンド行から起動することもできます。

shell> sc start MySQLEnterpriseMonitorAgent

または

shell> net start MySQLEnterpriseMonitorAgent

コマンド agentctl.bat start を発行することでエージェントを起動することもできます。エージェントを停止するには、引数 stop を渡します。このバッチファイルは、Agent ディレクトリにあります。

サービスが実行中であることを確認するために、Microsoft 管理コンソールサービスウィンドウを開くことができます。これを行うには、コントロールパネルに移動し、管理ツールを見つけて、サービスへのリンクをクリックします。MySQL Enterprise Monitor Agent という名前のサービスを探して、「ステータス」カラムの下を確認します。

「スタート」 メニューまたはコマンド行からではなく、このウィンドウからエージェントを起動することもできます。単純に、MySQL Enterprise Monitor Agent を右クリックして、ポップアップメニューから Start を選択します。このウィンドウからエージェントを起動すると、モニタリングしている MySQL サーバーにエージェントが接続できない場合、エラーダイアログボックスが開きます。エージェントが MySQL Enterprise Service Manager に接続できない場合、エラーは表示されません。

エージェントを起動するためのポップアップメニューには、エージェントを停止するオプションも含まれます。エージェントをコマンド行から停止するために必要なことは、次を入力することだけです。

shell> sc stop MySQLEnterpriseMonitorAgent

または

shell> net stop MySQLEnterpriseMonitorAgent
注記

MySQLEnterpriseMonitorAgent は、モニターエージェントサービスのデフォルト名です。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.