C.3 Tomcat パラメータの構成

MySQL Enterprise Service Manager および MySQL Enterprise Monitor User Interface をサポートするために使用される Tomcat ホストシステムのパラメータによって、システムのパフォーマンスが影響を受ける可能性があります。

注記

詳細については、第9章「MySQL Enterprise Monitor のパフォーマンスチューニングを参照してください。

Tomcat の Java 設定のデフォルトは次のとおりです。

初期ヒープサイズ -Xms 768MB
最大ヒープサイズ -Xmx 768MB
Java スタックサイズ -Xss 128MB

対応するプラットフォームスクリプト内の JAVA_OPTS 設定を編集すれば、これらのパラメータをより大きな値に変更できます。

  • Unix/Linux および Mac OS X の場合

    MySQL Enterprise Service Manager ディレクトリにある apache-tomcat/bin/setenv.sh ファイル内の値を編集します。最大値をシステムの物理メモリーよりも大きく設定すると、パフォーマンスが向上せずに低下する可能性があるため、避けてください。

    これらのパラメータを変更した場合は、変更を有効にするために、MySQL Enterprise Service Manager をシャットダウンしてから再起動します。

  • Microsoft Windows

    apache-tomcat/bin/setenv.bat ファイル内の JAVA_OPTS 設定を編集します。

    変更を有効にするには、サービスを再インストールします。MySQL Enterprise Service Manager サービスをシャットダウンしてから、次のように実行してサービスを再インストールします。

    shell> mysqlmonitorctl.bat uninstall
    shell> mysqlmonitorctl.bat install
    

すべてのプラットフォームで、上記の方法を使用して MySQL Enterprise Service Manager サービスをアップグレードすれば、JAVA_OPTS の変更が保持されます。

これらのパラメータを変更した場合は、変更を有効にするために、MySQL Enterprise Service Manager を再起動します。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.