Documentation Home
MySQL Enterprise Monitor 3.0 マニュアル
Download this Manual
EPUB - 4.2Mb
HTML Download (TGZ) - 4.0Mb
HTML Download (Zip) - 4.1Mb


22.4.1 ブラックアウトのスクリプト作成

Web ブラウザを開いてアドレスバーにエントリを入力する代わりに、サーバーをブラックアウトするためのスクリプトを作成できます。このセクションでは、コマンド行から実行できるブラックアウトスクリプト例を記載します。

次のファイルを作成し、blackout.pl として保存します。

  #!/usr/bin/perl

  use LWP 5.64;

  # USAGE: blackout.pl servicemanager:18443 admin password servername:3306 true

  # $ARGV[0] = management server hostname:port
  # $ARGV[1] = management server username
  # $ARGV[2] = management server password
  # $ARGV[3] = mysqld managed instance server name and port
  # $ARGV[4] = blackout state (true/false)


  my $browser = LWP::UserAgent->new;
  $browser->credentials(
    $ARGV[0],
    'MEM',
    $ARGV[1],
    $ARGV[2]
  );

  my $url = URI->new('https://'.$ARGV[0].'/rest');

  $url->query_form( # And here the form data pairs:
    'command' => 'blackout',
    'server_name' => $ARGV[3],
    'blackout_state' => $ARGV[4]
  );

  my $response = $browser->post( $url );

  if (!$response->is_success) {
    die $response->status_line . "\n";
  }

  if ($response->content =~ /UserUnauthorizedException/ ||
       $response->content =~ /ServerDoesNotExistException/) { 
  	die $response->content;
  }
注記

Windows ユーザーは、最初の #! 行を省略できます。

Unix システムでは、chmod +x blackout.pl コマンドを使用して、ファイルを実行可能ファイルにします。

コマンド行に、blackout.pl servicemanager:18443 admin password servername:3306 true と入力します。

configuration_report.txt ファイルを確認して、使用するホスト名およびポートを調べてください。Tomcat サーバーの正しいポートを指定します。サーバーツリーに表示される名前を使用して、前述の例に示すようにコロンとポート番号を含めて、ブラックアウトするサーバーを指定します。「マネージャー」であるユーザーの名前を指定します。「dba」権限を持つユーザーはサーバーをブラックアウトできず、この場合にスクリプトでエラーが表示されません。

サーバーがブラックアウト状態であることを確認するには、その名前が Monitor UI でグレー表示されていることを確認します。ブラックアウトを終了するには、最後の引数を false に変更して同じスクリプトを実行します。

注記

MySQL Enterprise Monitor を再起動しても、ブラックアウト状態のサーバーはふたたび有効化されません


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.